時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

勉強

TOEICのリスニングで400点付近を狙うコツ

投稿日:

私が英語学習で効果のあった方法を紹介していこうと思います。

私はTOEICのリスニングで400点付近の点数を取ることができました。

記事の内容はこんな方を対象としています。

・海外旅行で英語圏に行きたい方

・youtube、TED等で海外の情報をいち早く得たい方

・TOEICのリスニングを強化したい方

なぜTOEICを受けたか

TOEICという有名な英語の試験があるのですが、英検よりも受ける人が多いかもしれないくらいメジャーな試験です。私は日常的にTOEICの点数が必要なわけではなく、海外からの情報を動画サイトから得たいと思ってリスニングを中心に勉強し始めました。TOEICは今の自分の実力を知ること。そして、TOEICの点数を基準として、どれだけ自分の勉強に成果がでたかを数値で確認することです。

今回はリスニングの点数が飛躍的上昇した方法だけを紹介します。私自身、リーディングが苦手なので、そこまで高い点数をとることができていません。リーディング分野は苦手ですが、文法はほぼ満点近くとれていると思いまが・・。

1.中学レベルの文型が感覚で身についているか

文法というよりは文の型ですね。理解しているというよりも、自然と当然でしょ?といった感じで英文に対する感覚をもっているかです。これはほとんどの人が問題ないと思いますので気にしなくてもいいでしょう。私の場合は0からの英語学習だったので英作文の問題で鍛えました。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

新品価格
¥1,944から
(2019/2/19 22:57時点)

心配ならやってみるのもいいかもしれませんね。

人気の書籍で、不自然な英語が多いなんて不評もありますが、

初心者向けの本なので仕方ないと感じます。

いきなり、ナウい英語なんて覚えてもね・・・。

主旨が文型を鍛えるということなのでしょうがないかと。

中学校の文法ができているなら簡単な英文を作るのもそう難しくはないです。

 

2.リスニングのトレーニングは倍速が大事

リスニングの勉強は必ず倍速で行ってください。試験での高地トレーニングは本番で大きな成果を出します。倍速トレーニングの書籍はこちらがおすすめです。本番での音声が遅く感じるくらいまで英語の耳と脳が反射的に動くようになります。音声に対しての反応が早くなるので、意味を考える余裕が生まれます。そして、聞き取れない部分を補う時間の余裕も得られます。これは完璧なリスニング勉強法です。

 

音声DL付 TOEIC(R)テスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング (TTTスーパー講師シリーズ)

中古価格
¥18から
(2019/2/19 23:02時点)

書籍の名前の通り鬼のようなトレーニングが待っていますが、すぐにリスニングが200点くらいアップするといっても言い過ぎではありません。いや、200点は言い過ぎですがそれくらい上がることは間違いないです。そして、次に書く三番目が一番重要です。最後まで読むようにしてください。

 

3.【効果絶対保障】:シャドーイングは絶対にやろう!

私が経験した中で倍速リスニングは大きな効果があったんですが、爆発的に、そして、私の英語の能力の限界を突破させてくれたのがこのシャドーイングです。シャドーイングは絶対にやらないといけません。そして、倍速でもやりましょう。シャドーイングの強みについて説明しますと、自分の見失った道を見つけてくれます。詳しく説明すると、自分の弱点を見つけてくれるものです。シャドーイングはテキストを見ない状態で行うので、たまに聞き取れない部分があります。そんなときは、自分の文法知識、英語の感覚で補うようにしましょう。これが英語の能力を引き上げてくれる要因です。日本人同士でも、会話中に聞き取れない部分がたまにあると思います。でも、そんなときって似たような発音を探して予測しますよね?それを英語で行うことが大事です。慣れるまでは音声止めてもいいので答え合わせしましょう。そして、どうして、これがここにくるのか分からないなら文法書で確認です。

 

シャドーイングのルール

・音声に少し遅れて発音しながらついていく

・テキストを見てはいけない

・全部でなくていいので覚えている限り聞き取れなかった部分を復習する

↓レベルが上がってきたらこれをやろう↓(自分の弱点がわかるよ)

完全に聞き取れなかったが、それらしい単語が聞こえたので自分の文法知識を利用して聞こえなかった部分を補いながら発音していく。

 

4.隙間時間を利用しましょう

4番の隙間時間を利用しましょう。ですが、これはバスや電車で5分でも移動時間のようなものがあり、時間をムダにしてしまっている人向けです。

移動時間でも勉強することがができるようなアプリがあります。一日15分やったとしても5日通勤、通学すれば1時間以上も時間を生み出すことができます。30分も電車やバスの時間がある人ならさらに倍の時間が確保できるわけです。私の友人は隙間時間だけで、800点を超えた人もいます。(正確には隙間時間だけではなく、英会話とかもやってたそうですが・・・・。)基礎的な部分は移動時間で終わらせてしましょう。特に発音しなくてもいい文法問題なんかはサクっとやるといいでしょう。書籍を紹介したいところなんですが、書籍重たいし、やったところを管理するのが面倒です。間違えたところチェックしたり、今日はどこをやるべきかを管理するときに書籍だけでなく、ボールペン等、書くものが必要にあんりますから。今は便利な時代になったもので、英語のアプリなんてものがあります。絶対的にスマホアプリで勉強することをおすすめします。せっかく空いた短い時間なので、アプリで管理して有効な時間を確保しましょう。



-勉強
-

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.