時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー

やる気

高校生は夏休みで自分を変えられます【受験勉強のモチベーション】

投稿日:

受験勉強は夏休みで差が付きます
受験勉強は夏休みが勝負

夏休みの宿題でも受験勉強でもなかなかやる気がでないといった人が多いので市はないでしょうか。私も夏休みは補講なんてものがあったので、無理やり通って勉強する環境を作っていましたが、家にいるとスマホやテレビ、夏休みは自由なので、遊びに意識がいってしまうのは仕方がありません。

自分を変えたいという気持ちを持つことが大事です。

自分を鼓舞するような文章や追い込んでくれるような励ましの言葉も効果があるといわれていますが、自分の「幸せ」を実現するために勉強するといったイメージを持つほうが継続できる行動につながるからです。

とはいえ、自分を鼓舞する言葉や励ましの言葉を否定するのではありません。

私も高校時代にとにかく自分を励ましました。

「自分に負けてはいけない」「絶対○○大学に合格」といった煽りをいれる感じです。

この方法を私は実践していたのですが何日か過ぎていく頃にメンタルが消耗していることに気付きました。しかし、私の心が弱いだけだと思ってひたすら自分を励ましながら険しい道を進んでいったのです。

当然、勉強は継続できるわけもなく、2か月で心が折れてしまったからです。

  • 何のために勉強するのかわからない
  • 大学合格の価値観の減少
  • 目の前の娯楽を選択

これらが原因だと分析しています。

勉強の意味は将来の「幸せ」を叶えるためで、勉強というアクションを起こすときに自分の幸せな姿をイメージしなければいけない。

価値観を見失わないためにも、「なんのために大学に行くのか?」をビジュアライズできないといけません。

目の前の娯楽を選択するのも自然なことです。人間は意味のない選択をすることはありません。勉強した時の「将来の幸せな姿」を想像できない人間が勉強を選択するわけがないのです。

    ▼目次

  • 受験勉強は「幸せ」のトリガーでやる気を上げ、成功させよう
  • 夏休みは自分を変えるのに最適だからです
  • 私がブログを継続できているのも「幸せ」のおかげ
  • 自分の欲求、欲望を書き出し受験勉強にやる気を出しましょう

夏休みの受験勉強は「幸せ」のトリガーでやる気を上げ、成功させよう

夏休みの受験勉強は誘惑との闘いとなります。普段からスマホを見る癖となっている人はスマホを消すといった技は基本ですがマンガやテレビといったものを遠ざけるのも必要となってきます。

自分にとっての「幸せトリガー」を見つけるようにしましょう。

夢や憧れを誰もがもっているわけではないので、勉強して志望校に入学することによってどんな将来になるかをイメージしましょう。

  • 自由気ままな生活
  • 豪遊できる
  • 高級車、豪邸
  • 人望がえられる
  • 世界的に有名となる
  • 世界中の人と調和する

欲望や欲求は様々ですが、自分の価値観に合うものを「幸せのトリガー」としてください。勉強を始めようとしたときに自分の価値観にあった将来の幸せがイメージできるようにしましょう。

スポンサーリンク

夏休みは自分を変えるのに最適だからです

夏休みは誘惑が多いのですが、授業形式ではないのでライバルと差をつけるのには最適な期間となります。勉強をしてこなかった人がいっきに追いつくことができる期間が夏休みです。

私は夏休みに多くの時間を費やしましたが、勉強時間で勉強量を決めていたので勉強効率が落ちていることに気付きませんでした。

勉強効率は時間を把握していないと自然と落ちてしまうことがあります。

ストップウォッチでもいいので用意して時間を計るようにしましょう。

注意したほうがいい勉強方法

勉強時間を測定するようにしましょう。夏休みは自由なだけにダラダラと問題を解いてしまうことが多いです。時間は有限といった意識をもって、一日の解く問題数を固定して、タイムトライアルで時間との勝負をしましょう。

時間ではなく問題数を固定

時間で固定すると効率が落ちることがあります。逆に問題数なら早く終わらせれば遊ぶ時間が多いので頑張れるはず。

それでも勉強効率が落ちてしまうのでかかった時間を把握しておくことは大事です。ダラダラ勉強するなら一度休憩してしまったほうがいいです。

ダラダラ癖がついてしまい、1日10分でもロスがでると10日で100分です。

1分1秒を絞っていくことで多くの時間を生み出すことができるからです。

集中できない時には勉強量を減らすのはいいですが、勉強効率を減らしてはいけません。ゆっくり考えるのが癖になると頭の回転が遅くなるからです。

私がブログを継続できているのも「幸せ」のおかげ

私はブログで成功したいと考えており、将来どんな姿になるのかを想像できるようにしています。実際に「幸せ」をすぐにイメージできるようになってからブログが簡単に継続できるようになりました。

ブログを書こうと意識したときに、「幸せになれますよ」といった意識が自然と出てくるんです。

自分にも変化があったので行動を起こすトリガーを作っておくことで継続できる習慣を簡単に作ることができます。

自分の欲求、欲望を書き出し受験勉強にやる気を出しましょう

まずは、自分の価値観や欲望、欲求を書いていきましょう。

友達とずっと仲良くいたい。なら友達と趣味で一緒に遊んでいる姿をイメージしましょう。お金持ちになって友達と一緒に海外旅行なんてしながら楽しい生活を過ごす自分をイメージするのもいいです。

結婚して幸せに生活する姿でもよし。受験とは関係がないことであっても大学に合格することで生活が安定するといった考えで「幸せ」をイメージするようにしましょう。

他にも好きなことだけやって生活したいといった考えを持つこともいいと思います。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.