時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

辛い時の対処【名言の活用法】

投稿日:

辛い時の対処【名言の活用法】
辛い時の対処【名言の活用法】

人生が辛いと感じる人が高校時代の友人にもいましたが、私は何を言っているか分かりませんでした。

しかし、社会人になると仕事や人間関係に苦労することもあり、辛い経験が多くなっていきます。

「ツライときに役に立つ言葉はありませんか?」

「気持ちが落ち込んだときはどうすればいいですか?」

人生の中で「上手くいかないこと」や「辛いこと」はたくさん経験するものです。

避ければない経験を乗り越えるためには誰かの考えを真似することが大事です。

  • 上手くいかないことがある
  • 人間関係が上手くいかない
  • 自尊心が低下している
  • ライバルに追い抜かれた

そんな時には名言を読んで再チャレンジしましょう。

スポンサーリンク

    ▼目次

  • 誰だって辛いことはある
  • 人生は失敗して成長するもの
  • 私は3年続けて成果がでなかったものがあります
  • 辛いときはあえて挫折するのも手です

誰だって辛いことはある

人生だれだって辛いことがある。

当然なことですが、成功している人を見ると最初からセンスがある。とか、頭が良いからと思い込んでいる人がいます。

もちろん、センスや頭の良さで成功している可能性もありますが、それでも、成功者のバックグラウンドを全部知っている人なんていません。

成功している人はそれまでに多くの失敗を経験していると思っています。

中にひとつの分野を始めたばかりなのに急成長する人もいますが、過去に経験した失敗によって成功を導けた可能性もあります。

辛い経験は他人との能力の差で感じることがありますが、他人のすべてを知っているわけではなく、その人も見えない所で辛い経験をしているものです。

人生は失敗して成長するもの

失敗や乗り越えられない壁がないと人間は飛躍的な成長をすることはできません。

大きな一歩を踏み出した先には「上手くいかないこと」が必ず待っています。

挑戦した分だけ挫折する要素に出会うようなものです。

努力すれば成果がでるなんて話がありますが、「きれいごと」だと思っています。努力した先にあるものは基本的に失敗です。

そして、その失敗の中に「自分では気付かない成長が蓄積されていきます」

ありもしないものを「テキトー」に言っていると主かもしれませんが本当です。

努力した失敗には成果と関係ない分野が成長している可能性があります。

努力した先には失敗が待っていますが、その失敗はムダにはなりません。

見かけ上はムダに思えてしまいますが、自分の中の見えないステータスが上昇しているからです。

スポンサーリンク

私は3年続けて成果がでなかったものがあります

私は3年間継続してなんの成果も出なかったものがあります。

自己流で練習していたのですが、まったく上達せずに、始めたばかりの相手にも負けていっきに追い抜かされていく経験をしました。

「そのときは成果がでなかったから時間をムダにした」なんて考えていましたが、その後にブログを開始したらなぜか継続できるようになっていたのです。

私は努力して継続する年数が多ければ、努力の度合いを変わると思っています。

3年続けて成果がでなかったものがあるなら、ブログも3年続けても成果がでないと思っています。

それと同時にブログを3年継続するといった目標が大変だと思わなくなるのです。

また、すぐに成果を出している他人をみかけても反応しなくなりました。

他人は他人で自分は自分といった考えをもっているからです。

自己承認ではないですが、

【他人が自分より成功していても、他人にすぐに追い抜かされたとしても】

昨日の自分に勝っていれば、私は満足です。

辛い時に読みたい名言の紹介

われわれが人生において犯す最大の過ちは、間違いを犯しはしないかと絶えず恐れていることである。

エルバート・ハバード

過去の失敗から心構えが条件づけられてしまっている人がいます。

大きな失敗をして気持ちが乗り越えられなかったときにトラウマとなって行動するのが億劫になることがあるのです。

挑戦することで失敗するビジョンがでてくるようでは継続も難しいです。

私は挑戦した分だけ失敗があると書いてはいるんですが、行動するときはアファメーションで心構えを前向きにするのをおすすめしています。

変化とは人生の法則である。過去と現在しか見ない人は、確実に未来を見失う。

ジョン・F・ケネディ

過去と現在を見つめることも大事だと思っています。

過去の失敗から学び現在やっていることを改善する流れは大切ですが、未来をイメージできない人に継続できる行動は生まれません。

人間は将来どんな人間になっているかという「自分への期待」や欲望を明確にする必要があるからです。

挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。

アインシュタイン

人生の中で挫折は何回もあると思います。

そこで逃げるか戦うかはあなたの判断です。

挫折しても立ち上がる精神力があれば小さな成功が積みあがっていくと信じています。

辛いときはあえて挫折するのも手です

私は辛い時は一度止めるようにしています。

努力の度合いが上がるとはいっても精神面は一番大事だと思っています。

辛いと感じた時にメンタルがやられそうなら会社でもすぐに辞めるべきです。

努力した失敗なら成果になるとはいっていますが、精神的な病になってしまうと努力を繰り返すことが難しくなるからです。

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.