時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー

やる気

自分だけ苦労している【足し算の概念に変えよう】

投稿日:

自分だけ苦労している
自分だけ苦労している

他の人は健康で能力も高いのに自分だけ苦労ばかりで毎日が辛い

「隣の芝生は青く見える」

英語のことわざ

「なぜ!?自分だけこんな苦労しないといけないの」

「なぜ、自分だけが不幸なんだろう」

「周りは能力が高いのに私だけできない」

自分だけ苦労していると思い込んでしまうとネガティブになってしまうこともあります。

他人の努力の背景が見えない状態で比較してしまうと自分は努力してもできない人間だと決めつけてしまうことがあります。

他人の能力と比較するのではなく、昨日の自分と比べてどれだけ成長したかを意識するようにしましょう。

  • 他人との比較ではなく昨日の自分と比較する
  • ネガティブ思考から始まる
  • 完璧を求めない
  • ストレスを溜めない
  • 他人の苦労が見えてないだけ

    ▼目次

  • 自分だけ苦労している「隣の芝は青い」心理
  • 苦労しているのは自分だけではないかも
  • 私は日本に生まれた時点で幸運だと思っています
  • 客観的にものごとを考えましょう

スポンサーリンク

自分だけ苦労している「隣の芝は青い」心理

隣の芝は青いといった言葉がありますが、アメリカの英語のことわざです。

苦労せずに試験をパスしたり、最初から能力が高い人を羨ましいと思ってしまう声もあります。

一生懸命努力していることで他人に負けてしまうと本当に悔しいですよね。

私も多く経験していますが、そんな時は自分は相手より努力しているはずなのに結果が出ないといったネガティブ思考が出てしまうこともあります。

人は他人と比較することが多いですが、他人とは人生での経験や今まで努力量が違うかもしれません。

努力していないように見えて影で頑張っていることもあるからです。

苦労しているのは自分だけではないかも

どれだけ自分が頑張っているとはいえ、他人も苦労はしているはずです。

成功するためには多くの失敗や挫折を経験しますがその過程で自分に悲観的になることもあります。

これは誰もが経験していることです。

とはいえ、「自分だけ苦労している」といった思考はネガティブ思考から出てきます。

人間のネガティブ思考は先を予測するために最悪の事態を想定するためにできているのですが、現代ではそれで病気になる人もいます。

ネガティブ思考は悪いと断言はできませんが、行動を起こすために邪魔になることがあります。

人間は前向きでポジティブに行動したほうが成功しやすいからです。

ポジティブ思考の方がモチベーションが維持しやすいです。

完璧を求めすぎると上手くいかない

自分の成果に完璧を求めすぎると自分の首が閉まっていきます。

何をやるにしても「あの部分が足りない」とか「目標よりこれだけ足りない」といった目標と実績を引き算してしまうと上手くいかない事があります。

何より心が消耗してしまって満足感が得られない状態で行動を続けることになります。

0から始まっているので行動することで1にも2にもなっているのに目標が6だと仮定しすると、「あと5足りない」「あと4足りない」といった考えがでてきます。

フラストレーションが溜まった状態で継続することで行動すること自体が辛くなってしまいます。

考え方は積み上げ式の足し算の概念にしましょう。

人間誰もが0かた始まっているはずです。

結果が目標に届かなかったとしても少なくとも1にはなっているはずだからです。

少しでも成長を感じることができれば、前に進んでいる感覚によってやる気が湧いてくるはずです。

スポンサーリンク

私は日本に生まれた時点で幸運だと思っていま

私も人と比較して劣等感を感じることが多かったです。

他の人はできるのにどうして自分だけ?といった疑問は日々でてきます。

他人と比較しても他人とは思考回路や能力が違うからしょうがないです。

他人との比較は競争心が湧くのですが、それ以外に良いことはありません。

他人を意識しながら焦って努力するという人もいますが、毎日が辛くなって消耗戦になってしまいます。

私は日本に生まれた時点で幸運だと思っています。

世界の半分以上の人が家がなかったり貧しい暮らしをしています。

家や食べるものがあるだけでも幸せだと思いましょう。

世界ではいろんなころが起きている

自分の住んでいる場所に爆弾が落ちてくる。とか飲み水が出てくる水道がなかったり、不治の病にかかる人もいます。

自分の悩みがどれだけ深刻なレベルなのかを客観的に考えてみましょう。

自尊心を失ってしまうと自分の環境ばかりに目が行ってしまってものごとをまとめて考えることができなくなります。そうなってくると行動も起こせないので、一度リラックスしたほうがいいかもしれません。

私もプログラミングの勉強が上手くいっていないときは気分転換にドライブをしてリラックスしています。

客観的にものごとを考えましょう

自分中心で考えてしまうと、他人は努力もせずに成果を出していると思い込みがちです。

他人の生活しているのを丸一日見ているわけでもないはずです。

他人の努力しているバックグランドも見ないで、才能がるとかいうのが決めつけている可能性もあります。

もちろん、才能がある人だったとしてもその人と比較するのは間違っています。

自分がどれだけ成長できたかを比べて、日々成長し自分に期待することが成功のスパイラルを生み出します。

他人が簡単にこなしている時には過去にそれと同じ系統の経験をしているはずです。

スキルアップにはそのひとつ下の基礎スキルが必要となります。

スキルアップにはスキルが必要になります。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.