時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

理想と結果

投稿日:

理想と結果
理想と結果

理想と結果がかけ離れていたらショックで今までやってきたことがすべて無駄になったという悲観的な考えにおちいってしまうことがあります。

人間は次に失敗しないための防衛本能として失敗に対して頭の中に記憶してしまうのですが、挑戦すること自体を否定してしまうこともあります。

理想を求めて努力しても結果がでない事は多くあります。

「努力しても結果がでない」

「人と比べて自分は劣っている」

【努力はできるけど、結果がでない】といった状況でもモチベーションを維持する方法を紹介します。

  • 人と比べて悲観してしまう心をなおす
  • 自分の中での成長を見つける
  • 他人から見た自分を知る
  • みんな挫折しているという逆転の発想でメンタル復活

    ▼目次

  • 理想の自分を見つけても結果がでない時もあります
  • 努力だけでは成功はできないけど、小さな成長がある
  • 自分の成長に気付くことが大事
  • やる気と継続を続けましょう

スポンサーリンク

理想の自分を見つけても結果がでない時もあります

欲望を見つけてそれに向かって情熱を燃やしながら努力しても結果が思うようにでないことがあります。

自分を責めてしまうこともあり、失敗+自責というのはメンタル的に大きな負担となってしまいます。

失敗したこと自体が辛いのに自分を否定するような思考がさらに精神を追い詰めてしまうのです。

最初は結果がでなくて当然です。

逆転の発想で立ち直ろう

挑戦して挫折する人なんて星の数ほどいます。

人は失敗すると自分だけにスポットライトを当てて悲劇の役者を演じるのです。

「自分はなんてだめな人間なんだ」

でも、落ち着いて周りを眺めていると失敗している人なんてたくさんいます。

自分だけではないのです。

そして、ほとんどの人が最初の失敗で諦めています。

失敗や挫折を経験して、それを悪い方に学習してしまったために挑戦しない選択をとってしまうのです。

私は挑戦して失敗する。そして、立ち上がり再挑戦といった流れが成功へのルートだと考えています。

普通の人は失敗したら辞めますが、私はあえて他人と違った行動をとるようにするのです。

それは、挫折しても立ち上がり再挑戦するということです。

基礎だけでは勝てないけど、応用のために基礎が必要

現実世界は競争なので、努力しても他の人間がもっと努力をすると勝てない場合があります。

すべてが努力量で決まるわけではないですが、確率的には負けてしまいます。

プログラミングをやっていると分かるのですが難しいコードを書くには基礎を理解する必要があります。

難易度の高いコードを書けなければIT分野を勝ち抜くことは難しいと考えていますが、そのためには基礎力がいるんです。

しかし、一度基礎ができてしまうとあとはググって知識を取り入れていけば加速的に成長していきます。

基礎力までいっきに勉強した人はあとは指数てきに伸びていくんです。

なので、努力する量については基礎を超えるまではなかなか成果がでないと感じています。

基礎の時点で成果が出ないで諦める人もけっこういますが、モチベーション維持も難しくなってきます。

スポンサーリンク

自分の成長に気付くことが大事

努力していれば何かしらの成長があるはずです。

「それがないから落ち込んでいるんじゃないか」と思ってしまう人もいると思いますが、知らないだけで成長しているはずです。

自分の成長を知りたいなら、記録を残しておくといいです。

私は習慣を作る前には継続した日数を成果としていました。

今ではブログを2月から書いていますが、ほぼ毎日更新ができています。

成果を連続更新の日数としているので毎日が前進している感覚でモチベーションが維持できています。

もし、成果をページビューとしてしまうと変動する値となってしまうのでやる気をなくしてしまう日もでてきてしまいます。

実績は積み上げ式の数字でモチベーションを維持しましょう。

努力の感覚が変わってきます

ブログを書き始めたときは一か月で「もうだめだ」って感覚でした。

過去の私は2週間以上の継続を経験したことが少なくて、ブログを一か月書いただけでも「やっと30記事か・・・・」って感じでした。

しかし、毎日継続することで記事数が増えていきます。

100記事書いた時に、目標の200記事まであと半分って感覚になったときに、「半分のところまできたからあと100記事くらいいける」って考えに変わったんです。

今では200記事以上毎日更新を達成しました。

ここが折り返し地点だと考えれば400記事までは余裕でいけるって気持ちになります。

最初は一か月記事を書いただけで全力だったのが継続していくことで【努力のものさし】が変わっていくのです。

今の自分からみると一か月でブログきついって感じていた自分を情けなく感じますが今のでは400記事まで連続で更新できる自信があります。

やる気と継続を続けましょう

やる気と継続を継続しましょう。

時にはくじけそうになる時もありますが、努力した連続日数があなたの心を支えてくれます。

私の場合はブログなので、記事数がデータとして残っています。

これを実績としてやる気の維持をしていますが、勉強の場合は参考書の端に【正】マークを書いておくだけでも効果があります。

私の場合はやった日付と問題を解くのにかかった時間をメモしていました。

勉強の場合は問題を解く時間が早くなれば成長を感じることができます。

これによって、私は積み上げ式でモチベーションを維持してきました。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.