時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー

日常生活

態度が悪いと怒られる【自覚がない人が気を付けること】

更新日:

自分からしたら普通なんですけど・・
自分からしたら普通なんですけど・・

上司やお客さんから怒られてしまった内容として、態度が悪いといった理由があります。

実際に態度が本当に悪いといったことは少ないように感じます。

怒られている表情や体の姿勢、目線等が無機質な感じを出していると相手が不信感を持つので、それを「態度が悪い」といた形で表現しているだけです。

普通に接していても相手を不快にさせてしまえば態度が悪いといった評価になってしまします。

相手を不快にさせないためには相手の気持ちに立って態度を合わせない解けません。

仕草や口調が相手の気持ちに配慮しているかがポイントになります

    ▼目次

  • 態度が悪いと怒られる【自覚がない人が気を付けること】
  • 印象で態度が決まってしまうからです
  • 普段から態度悪いイメージが付いているかも!?
  • 表情や口調をチェックしましょう

スポンサーリンク

態度が悪いと怒られる【自覚がない人が気を付けること】

きちんとしたつもりなのに
きちんとしたつもりなのに

上司からの話や接客のクレームを真剣に聞くことは大事ですが、会社の場合は自然と体勢が崩れてしまうことがあります。

猫背になっていたり、体勢が崩れてくると、見た目的な問題で態度が悪いと言われてしまうことがあります。

お客さんにはないと思いますが、会社内だと真剣な話のときに腕を組んだりすると話してからすると失礼なので注意が必要です。

話を聞くのも大事ですが見た目も大事、ビシッと立って聞くようにしましょう。

印象で態度が決まってしまうからです

態度に気を付けていても印象で決まってしまうことがあります。

普段から笑顔で挨拶ができなかったり、小さな声で目も合わせないようだと信用できない人間といった印象が付いてしまいます。

怒られているのに無表情で聞いていると、真剣に説明している人からすると「この人ちゃんと聞いているのかな」とイライラしてくることがあります。

厳密に言うと、態度が悪いわけではないけど、「話をちゃんと聞いているのかな」といったことが相手を怒らせてしまう原因になります。

普段から態度悪いイメージが付いているかも!?

普段から注意しないと!
普段から注意しないと!

普段からの態度ですと、会ったときの挨拶が大事だと感じています。

「目を合わせて軽く会釈して笑顔で挨拶すれば悪い印象を持つことはありません」

普段からにイメージで印象付けられている場合もあります。

表情や口調をチェックしましょう

心当たりないけどな

態度の悪い部分が明らかにでている場合もあります。

他人視点で他の従業員に聞いてみるといいかもしれません。

「そんなことないよ」といった答えが返ってきたなら、ただ単に相手を不快にさせてしまっただけだと思います。

正しい受け答えをしたとしても、気持ちのこもっていない返事であったり、無機質で機械的に返した対応だと相手は「冷たくされた」と勘違いしてしまうこともあります。

直ぐに返事を返していませんか?

すぐに返事を返すのはいいことじゃないか!と思うかもしれませんが、言葉にひとつクッションを置くようにしましょう。

  • 恐れ入りますが
  • お忙しいときに
  • 申し上げにくいんですが
  • ご迷惑をおかけして申し訳ありません

回答の前にこの言葉をそえるようにしましょう。

接客で表情が暗すぎませんか

表情が暗すぎると相手がイライラしてしまうことがあります。

笑顔で接客といったことは大切ですが、クレームのときには笑顔のタイミングを間違えないようにしなければいけません。

最初から笑顔だと「軽く見ている」と思われてしまう可能性があります。

お客様と共感できるように表情を変えるようにしましょう。

クレームには申し訳なさそうにする表情をすべきです。

噂が広まっちゃったパターン

風評被害で態度が悪いイメージが付いてしまうこともあります。

社内で顔の広い人と話をしたときに、そういう人を不快にさせたり、失礼なことを偶然にでもしてしまうと噂を流されることもあります。

どうしようもないですが、善い行いをして良い噂を広めてもらうしかありません。

-日常生活

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.