時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー

日常生活

情けない自分を変えよう

更新日:

情けない自分
情けいない自分

他の人と比べて自分が劣っていると感じることがありますが、人と比べて人の良い部分と自分の悪い部分を比較してしまうことがあります。

自分があの人より能力が低いといった考えが間違っていることもあります。

失敗や成果が出ないことは辛いですが考え方を変えることで情けない自分を消してしまいましょう。

失敗した時、成果が出ない時の考え方で情けない自分を消す方法を書きます

    ▼目次

  • 情けないと思うに考え方を変えよう
  • 自己評価が低かったり、自尊心を失うと情けない自分が出てくるからです
  • 失敗したときに自分を責めてしまうと情けない自分が出てきます
  •   
  • こうあるべきを捨て、成長を実感する

情けないと思う考え方を変えよう

自分を情けないと思う考え方はマイナスな影響を受けやすいです。

失敗した時や思ったような成果が出ない時には誰でも「自分はダメな人間なんだ」と感じてしまうことがあるからです。

私も資格試験にチャレンジしたり、仕事で成果を出すことができなかった時には「他の人は上手くいっているのにどうして自分だけ・・・」と考えているうちに自分の能力が低いからといった悲観的な考えを持ってしまうことがあります。

しかし、こういったネガティブな考えは挑戦することを避けるようになります。

他の人がやったほうが自分よりも良い結果が出るからといってチャンスを逃す癖ができてしまうこともあります。

情けない自分を感じた時は、前の自分よりは成長していることを考えよう。

失敗を通じて自分は学習し改善したと意識づけることで成長できたというプラス思考を取り入れることができます。

自己評価が低かったり、自尊心を失うと情けない自分が出てくるからです

失敗や成果が出なかったことに対して自分に厳しい人がいます。

「こんなこともできないなんて情けない」といった考えを持ってしまうと自尊心が低下してしまうこともあります。

体育会系な考えなら「悔しい気持ち」をバネに頑張れるんですが情けない自分が出てくることで「やる気」を維持できない人もいます。

自尊心が低下するとセルフイメージが低くなって「できない」と感じることが多くなります。

失敗した時にことを常に考えるようになってしまうと新たな挑戦に後ろ向きな姿勢になってしまうからです。

人と比較すると劣等感が出てくる

人との比較は「ライバルを分析する」といった点や「相手を真似る」といった面では有効ですが、能力を比較して自分にがっかりしてしまうこともあります。

人の能力は様々なので、どんな人でも自分より優れた分野を持っているからです。

実際に自分の不利な分野と相手の得意な分野を比較してしまうと当然ですが劣等感を感じてしまいます。

人との比較ではなく、過去の自分と比較してどう成長したかを実感することがプラス思考につながります。

失敗したときに自分を責めてしまうと情けない自分が出てきます

想像で自分を責める

目標達成できなかったとしても何割くらいは上手くいったかを分析しましょう。

上手くいかなかった、成果が出なかった、失敗したと単に悲観することは自己成長においてなんのメリットもありません。

達成できなかったとしても、何割くらいまでは上手くいっていたのかを反省してみましょう。

6割くらいしか達成できなかったなら次は7割を狙えばいいだけです。

自分を厳しくすることで成長できる人もいます。

しかし、ガムシャラに頑張るといった言葉は自己分析を怠ってしまうこともあります。

結果を受けれて冷静に分析し、対策することが成長に繋がると思っています。

上手くできなかった今の自分を受け入れれるかが大事。

失敗や成果が出ない時に悲しいのは皆同じ

失敗した時や目標達成ができなかった時には他の人の成功を比較対象としてしまうことがあります。

他人も成功ばかりしているのではなく、過去の経験や失敗からの改善によって成長してきた人も多いです。

「私はメンタルが弱いので失敗なんかしたら立ち上がれません」

このように考える人もいますが、失敗した時にショックを受けることで記憶が定着することがあります。

失敗することでしっかりとした記憶が脳内に残るので失敗することで成長ができることは間違い無いです。

失敗を受け入れられない人は成長がないと考えていいです。

こうあるべきを捨て、成長を実感する

成長を実感

人は皆、理想の自分を持っています。

「将来的な自己像」を持っているからこそ行動できるからです。

実際は全ての人が成功するわけではなく、思ったように上手くいかなかったり、努力のわりには成果が出ないことも多いです。

「こうあるべき」「こうなりたい」といった理想像に近づくことができなくても、行動する前の自分よりは成長していることを実感することが大事です。

他人ではなく過去の自分と比較して成長したことを探そう

スポンサーリンク

-日常生活

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.