時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

悔しさをモチベーションに変える方法【名言でやる気を回復】

投稿日:

名言で悔しさをモチベーションに変える

仕事でも学校でも意識的にライバルを作ってしまうことがあると思います。

男性であれば競争心が強い人が多いので自然と他人と比較を考えてしまいます。

  • ライバルに負けると悔しい
  • 自尊心が低下してしまった
  • 自分を信用できなくなった

人に負けるとこんな気持ちになることがあります。

負けるとイライラするといった感情がモチベーションに悪い影響を与えることがあります。

悔しさは考え方を後ろ向きにしてしまう可能性があります。

名言を読むことで悔しい気持ちを次への成長と変えることができます。

名言を活用して自尊心を取り戻しながら、モチベーションを回復させましょう。

    ▼目次

  • 悔しさをモチベーションに変換しましょう
  • 悔しさは自尊心を低下させるので注意
  • 失敗したときや負けたときは名言を読みましょう
  • 次の挑戦や改善への計画を立てましょう

悔しさをモチベーションに変換しましょう

悔しい気持ちをずっと続けてしまうと、集中できない時間が多くなることがあります。

私が学生時代に他の人よりも多くの時間学習したけど成果が出なかった経験があり、時間を無駄にしたとか、人に負けたといった負の心構えを続けていたことがあります。

私の経験でも負の心構えは悪い成果しか生み出しません。

心を入れ替えてモチベーションを回復させるべきですが、そう上手くはいかないものです。

私はモチベーションを回復させるのに名言を活用しました。

名言は自尊心を取り戻してくれるものがあり、負けて悔しい時や失敗して落ち込んだ時に助けになってくれるものです。

悔しさは自尊心を低下させるので注意

悔しい気持ちは誰もが感じるかもしれません。

失敗したときなんかは、どれだけの時間をムダにしたかを無意識に計算して負の成果目がいってしまうことがあります。

人間は同じ失敗を繰り返さないように無駄になった要素を洗い出すことが多いです。

しかし、自分では見えてない部分が成長していることを理解していなければいけません。

スポンサーリンク

失敗したときや負けたときは名言を読みましょう

失敗したときや負けたと感じた時には名言を読みましょう

大切なのは、平常心を保つことではなく、マイナスの感情を持ちながらも結果を出すこと

森川陽太郎

私は努力したあとには多くの成功が待っていると考えていましたが実際はそうではなく「多くの失敗」や「挫折」です。

失敗が続けばマイナス感情が増えていきますが、その中でも「自分では意識していない成功」が蓄積されていきます。

人間は失敗は大きなイメージとして残りますが小さな成功は記憶に残りません。

記憶に残らないどころか小さな成功に気付かないケースも多いです。

マイナス感情を持っても立ち上がって、次の挑戦をすべきです。

敗北とは、行動の結果ではない。はじめから結果を否定的に予測し、成功や勝利を期待せず、あきらめてしまい、行動しない態度を敗北という

大島正裕

私も経験したことですが、挑戦した数だけ失敗があります。

自分に対して「できない」といったレッテルを貼ってしまうこともあり、過去の私は継続できる人間ではありませんでした。

結果を否定的に考えてしまうこともありますが、自分の中での「見えない成長」を探してみましょう。

過去の成果物と比較すると何か成長している部分があるはずです。

この小さな成功(成長)を積み重ねていくことで成果が生まれて、過去に自分に貼られたレッテルがだんだんと剥がれていきます。

バケツの中に汚い水が入っていても、綺麗な水を入れ続ければ自然とバケツの中は浄化されていきます。成功という金の粒が入ったなら金の粒がバケツの底に溜まっていきます。

自分の心の深いところにあるトラウマも金の粒(大きな成功)が追い出してくれるのです。

結果にこだわるな、成功にこだわるな、成長にこだわれ

本田圭佑

私がブログを始めた時もそうですが、どんな部分やでも始めた頃は失敗だらけです。

行動しても成功できないという結果が自分に悪い影響を与えます。

結果にこだわっていまうとどんどん苦しい気持ちになってきます。

心構えがマイナスになってしまうと、行動=失敗なんてイメージが起きやすいです。

なので、結果や成功ではなく、自分に成長を探すほうがモチベーションが回復しやすいです。

結果を出すことは簡単ではない

徳岡邦夫

みんなが挑戦すれば、みんな成功する。なんて素敵な世界があればいいですが、実際は結果を出すことは簡単ではありません。

ブログ内では「自分に期待」とか「夢と欲望」といった話をしていますが心の持ち方の話で、実際は失敗することのほうが多いのは確かです。

失敗を乗り越えながら継続する習慣を身に付けることで成功するコツを掴んでくるのも事実だと思っています。

次の挑戦や改善への計画を立てましょう

悔しい気持ちを名言で回復できたのなら、次への改善を行いましょう。

自分に貼られたレッテルを剥がして前進することが大事です。

前に挫折から立ち上がるコツを記事で書いていますので一度読んでください。

私は週2の休みで改善をしています。

本やネットの情報を仕入れて実践、数か月で結果を分析するといった方法を使っています。

成果がでなければやり方を変えるだけです。

行動して改善して結果を分析するのが成長へのコツだと思っています。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.