日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

未分類

座禅はリラックスできます【禅的呼吸法でストレス軽減】

投稿日:

座禅というと渋いイメージですが、サラリーマンの方でもお寺で座禅をする人もいるようです。

座禅をしながら、頭の中を無にすると、リラックスした気分になれます。

ストレス社会で疲れた心を癒した方、家で手軽にストレス低減したい方におすすめの記事となっています。

▼目次

  • 座禅はリラックスできます
  • 座禅はストレス軽減効果があります
  • 学位論文で効果がでています
  • 禅的呼吸法をやってみましょう

座禅はリラックスできます

私は子どもの頃のイベントでお寺で座禅をしたことがあります。

当時は、初めての経験で、私自身もビビりな性格だったので、座禅中に肩を叩かれたらどうしよう?と不安いっぱいでリラックスどころではなかった記憶があります。

スポンサーリンク

大人になればそんな心配はないのですが、お寺に行かなくとも、家で手軽に座禅をしながら禅的呼吸法をしてみるのもいいと感じます。

座禅をするときに行う呼吸なんですがストレス軽減効果があるようです。

私は寝る前や、勉強をする前に瞑想をするのですが心を落ち着かせることができています。

前回に書いた記事では瞑想について深堀しています。

座禅はストレス軽減効果があります

座禅にストレス軽減効果がありますが、社会人が禅寺に通うこともあるようです。

ストレス社会といわれる中に暮らしていますが、ストレスに悩んでいる方は多いということですね。

座禅は自分の気持ちを整理することができます。

私も何か困ったことがあると紙とペンでまとめるとすっきりするのですが、脳だけで情報を整理するのが座禅+瞑想ではないかと考えています。

マインドフルネスの効果

マインドフルネスの研修プログラムはIT企業に人気です。

スティーブジョブスもやっていたようです。

座禅というものはあるがままの真実を見ることができるようになる。

無心といった心で善悪の判断がなくなります。

そして、苦しみから解放されるのが座禅です。

学位論文で効果がでています

禅的呼吸法によるストレス低減効果

https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/204590/2/gnink00755.pdf

実験ではストレスが高い職業の方が選ばれています。

教職、医療職、金融機関職といったハイレベルなストレスを持っている方々です。

座禅後は不安や憂鬱といった心の気持ちが減少して疲労感が減少するといった結果が得られました。

海外の論文で、瞑想というものは3種類存在するようです

  • 注意集中型のトランセンデンタルメディテーション(TM)
  • 観察型のマインドフルネスストレス低減法(MBSR)
  • 統合型の禅的技法(ZM)

TMの効果は血圧低下がみられた

MBSRはストレス低減がみられた

ZMは副交感神経活動の亢進(リラックス効果)がみられた

日本特有の座禅はストレス低減効果があるようです。

禅的呼吸法をやってみましょう

座禅によって脳波を安定させリラックスすることができます。

座禅をくんですわってみましょう。

座禅の時間は30分から40分やるといいようですが、座禅をしてから15分もあれば脳波からα波がでてくるようです。

目安を15分として座禅をしてみるといいと思います。

瞑想は5分でも効果がある

私は勉強をする前の瞑想は5分にしています。

長すぎても時間がもったいないといった気持もありますが、5分以上だと他ごとを考えて集中できないといった理由もあります。

瞑想の時間は人それぞれで、5分でも効果があると感じたならやるべきです。

順番に集中力をつけて時間を伸ばしていけばいいことだと思っています。

-未分類
-

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.