時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

動くのがめんどくさい【やる気を出すコツ】

投稿日:

動くのがめんどくさい
動くのがめんどくさい

休日やソファーに横になってしまったら最後で動くのがめんどくさい状態になったことはありませんか?

私はソファーに座ってテレビをみてしまったら最後、身動きがとれなくなってしまいます。

「やならければいけないのに動けない」

「動いたり考えるのが面倒だ」

この考えに打ち勝つ方法を紹介していきます。

人間は楽な方に移行するのは簡単ですが、楽なほうから立ち上がるのは難しいです。

行動した後の結果に期待して成功のイメージを高めましょう。

  • 行動した後の成功のイメージを持つ
  • 3秒ルールで動いてみる
  • 1つだけ完璧にする
  • ネガティブ思考をポジティブにする
  • 失敗を恐れないよう対策する

動くのがめんどくさいといった気持は誰もが抱くものです。

めんどくさい状態から立ち上がるには考え方を変える必要があります。

やる気を出すコツを実践してみてください。

    ▼目次

  • 動くのがめんどくさいを克服しよう
  • 動くのがめんどくさいは時間泥棒
  • 私はアファメーションで克服しました
  • アファメーションを作ってみましょう

動くのがめんどくさいを克服しよう

動くのがめんどくさいを克服するためには脳からのメッセージに対して説得する必要があります。

動くのがめんどくさいといった状態はすでに自分が快楽をえている状態です。

私の例であれば、ソファーで寝転がったりやこたつに入ってテレビを見てしまったらそこから抜け出せないといったことです。

テレビは編集が上手なので続きが見たいという心とソファーで気持ちよくなっているのを中断するのは至難の業です。

動くのがめんどくさいなら動いた時のメリットをイメージできないといけません。

行動することによってどんな変化が起こるのかをイメージしましょう。

勉強であれば、試験で点が取れることによって受験に成功する

ダイエットであれば、運動することで自分がスマートになっている姿をイメージしましょう。

あとは選択するだけです。

動くのがめんどくさいは時間泥棒

動くのがめんどくさいと思って横になっていると気付けば多くの時間が浪費されていることに気付くと思います。

動くのがめんどくさいは時間泥棒なのです。

私もテレビをぼーっと見ながら1日が過ぎていくのをヤバいと感じていろんなことを試してみました。

3秒ルールで動く

心理学者の方がおすすめしていた方法です。

自分の心の中で3秒数えて3秒以内に行動するといったルールを決めます。

私はこれで無理にでも動くようにしました。

最初は上手くいくんですがだんだんと効果がなくなってきます。

とはいえ、最初のほうは効果的なのでやってみるといいかもしれません。

1つだけ完璧にする

動くのがめんどくさいと感じるのは作業内容をよく理解していないか、判断力が必要だけど思考が動いていな時です。

過去に経験がなかったり情報処理が難しい問題が出てきたときに面倒だと感じます。

難しいことを考えるのではなく行動した中で1つだけ完璧にしようという考え方が大事です。

英語の勉強をするときでもあの単語の発音だけ気を付けようとか、3つだけ英単語を完璧に覚えるようにしよう。といったことを考えるだけでも行動に移すことができます。

ネガティブ思考をポジティブへ

何かを始めようとする時に失敗したときのことを考えてしまっては余計に行動することができなくなります。

失敗を予測する癖を持つ人はネガティブ思考ばかりすることがあります。

行動するたびに失敗が浮かんでしまうと上手くいかないと思います。

アファメーションを読んで自己実現をイメージしましょう。

失敗を恐れないよう対策する

過去に挑戦して失敗した経験があるなら過去のトラウマが蘇ってくることがあります。

また、同じ失敗をしたらどうしようといった不安が湧き出てきます。

自分にレッテルを貼って条件づけてしまっては成果が限られてしまいます。

失敗を恐れないように対策をして前に進みましょう。

スポンサーリンク

私はアファメーションで克服しました

私はアファメーションを唱えるようにしました。

最初は3秒ルールを続けていたんですがだんだんと効果がなくなってきたのでアファメーションを唱えるようにしました。

3秒ルールで行動した先にアファメーションがある形です。

私はこれで220日の連続更新を達成しています。

アファメーションを作ってみましょう

一度アファメーションを作ってみるのもいいかもしれません。

アファメーションは自分の目標やそれをした後に起る変化をおまじないのように唱えるものです。

例えば、

【私は机の周りだけを掃除します。勉強が捗り心までも浄化されます】

こんな感じで行動する内容を明確にして、行動を起こした後にどういった変化が起こるのかを書きましょう。

数字で書くのが一番いいのですが、数字で表せない場合は心が穏やかになるとか、すっきるするといった言葉を混ぜるだけでOKです。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.