時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー

日常生活

効率悪い人にイライラしてしまう【要領の悪い人を理解する】

投稿日:

「ちょっと先のことを考えればわかるはずなのに準備が足りない」

「何度注意して教えても同じ行動を繰り返す」

要領の悪い人と一緒に働くとイライラすることが多いと思います。

要領の良い人からすると、どうしてスムーズに作業ができないんだろう?と疑問を持ってしまいます。

私も要領が悪いタイプでしたが、新入社員の時に先輩から要領の良いタイプの考え方を教えてもらいました。

要領よく行うには、作業の先の動きを予測しておくことが大事なのです。

    ▼目次

  • 効率悪い人にイライラしてしまう【要領の悪い人を理解する】
  • 本人も一生懸命やっているので我慢しましょう
  • うまく説明しても理解してもらえないことが多い
  •   
  • 効率悪い人に何を言っても無駄!?
  • 社内で作業方法を確立させる

スポンサーリンク

効率悪い人にイライラしてしまう【要領の悪い人を理解する】

資料持ちすぎて散らばる

会社に一人はいる効率の悪い人ですが、一緒に仕事をするとイライラすることもあるのではないでしょうか。

どうしてこんなに動きが悪く準備が悪いんだろうと疑問を持ってしまいます。

「もっと効率よくできるのに」と言った不満がイライラを募らせるからです。

どちらにしても話し合う等してレベルを合わせたほうがいいです。

ずっと不満を持ったまま働くとストレスがどんどん溜まっていくからです。

実際に作業方法が合わなくて人間関係が悪くなることもあります。

作業効率が悪い人がいたら話し合うようにしましょう。

本人も一生懸命やっているので我慢しましょう

効率悪い人を見るとストレスが溜まる人もいると思います。

本人は真剣にやっていることがほとんどなので我慢してあげるという手もあります。

目上の人や上司がどんくさい場合はなかなか指摘できないと思います。

イライラすることもあるかもしれませんが、効率が悪い分他の悪い部分を思い出して許してあげましょう。

うまく説明しても理解してもらえないことが多い

先の作業が予測できない
先の作業が予測できない

効率の悪い人は効率の良い人の考えを理解できないことが多いです。

効率の悪い人は少し先の周りの変化を予測できないことが多いです。

作業全体の流れを理解するのではなく、作業中の状況しかイメージできないのです。

効率の悪い人も経験年数が経つにつれて全体の作業イメージがつくようになるのですが、今まで続けた作業手順をなかなか変えられないものです。

作業の方法を体が覚えてしまっているということもあります。

作業方法を変えると不安になる人もいます。

人間はミスしないように慣れた作業手順でやりたがるので、最初にやっていた手順が効率の悪いものであればそのままの作業方法を続けてしまいます。

効率悪い人に何を言っても無駄!?

効率の悪い作業方法をする人に何を言っても無駄というわけではありません。

自分の効率の悪さを指摘されて怒る人もいますが、中には素直に受け入れてくれう人もいます。

一緒に仕事をする相方が効率の悪い人なら、最初から見限り前に相談して作業方法の見直しをしてみましょう。

慣れた人は何度もミスするので気配りが大事

長年仕事をすると作業を体が覚えてしまうこともあります。

効率の良い作業方法を確立させたとしても、今までやってきた作業が体に染み付いているので、また、効率の悪い作業に戻りやすいです。

慣れた人には何度も根気よく指摘することが大事です。

社内で作業方法を確立させる

効率の悪い人と作業をするとどうしてもイライラしてしまうなら、社内で作業マニュアルを作ってルール化するようにしましょう。

本当に効率の良い作業があるなら改善に繋がりますし、効率の悪い作業を続けてきた人も会社の方針であれば従わないといけません。

効率の悪い人が先輩だったら言いにくいですからね。

POINT

作業効率の悪い人がいても優しく教えてあげましょう。我慢しながら一緒に仕事をするとストレスが溜まるので、上司に相談してマニュアル化してもらいましょう。作業効率の悪い人は作業効率の良い人の考えが分からないことが多いです。配慮することが大事。

-日常生活

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.