時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

僻みや嫌がらせ【対処法】

投稿日:

僻みや嫌がらせ【対処法】
僻みや嫌がらせ

職場や友人関係で僻まれたり、嫌がらせを受けることがあります。

「大人だから我慢しよう」

「怒ったら負けだ」

直接的に起こる訳にはいかないと考える人が多いと思います。

何か対処しないとずっと続くので間接的に相手をこらしめる方法を探してみました。

僻みや嫌がらせで困っている人や回避する方法を紹介します。

  • 相手の気持ちを受け取らない事が大事
  • 無視てどんどん実力で突き放そう

    ▼目次

  • 僻みや嫌がらせは経験します
  • 人間は他人の成功で不満感情がでるからです
  • 論文でも劣勢を認知したときの反応として僻みがあります
  • 人間関係の難しい部分を回避しましょう

スポンサーリンク

僻みや嫌がらせは経験します

成功している人やみんなの前で注目されている人に嫌がらせをしたり、ちょかいをかける人がいますが、学校の同じ学年に必ず一人はいます。

学年に一人は行動まで起こすタイプなんですが、不満や僻みの感情を持つ人はもっと多いと感じています。

「羨ましいという気持ちや自分が叶えることができなかったことに成果を出している人がいると不満や攻撃的な気持ちがでてきます。」

羨ましさは憎しみに変わります

同じ分野で自分が得意だと思っていたことが他の人に抜かされてしまったときには悲観的な気持ちになってしまいます。

論文でも書いてありましたが、大学生くらいの年代の人は悲しい気分になってしまうようです。

相手を避けるようになることもあります。最悪な状況は嫌がらせをするようになることです。

人間は他人の成功で不満感情がでるからです

人間は他の人にスポットライトが当たっていると悔しい思いをすることがあります。

もし、容姿によって劣等感を感じてしまったら結構ショックを受けると思います。

人間は他人の良い部分と自分を比較してしまう生き物です。

相手の不満感情を抑える方法はないですが、あまりにも嫌がらせが酷いなら直接言ってしまうのも手です。

嫌がらせされた証拠みたいなものは必要となりますが、

「辞めてもらえませんか?」の一言でいいと思います。

相手もとぼけると思いますが、相手を「ゲッ」っといった気持にさせれます。

スポンサーリンク

論文でも劣勢を認知したときの反応として僻みがあります

青年を対象に自分が劣勢を感じた時にでてくる反応や感情として他者回避や他者攻撃、不満感情といってものが出てくるようです。

青年期は学校という場で数字によって能力が決められてしまうので劣等感を感じやすいです。

精神的にも幼いために、自分の力を自慢してしまったり、あまりに出来が良すぎて他の人より高い能力を発揮してしまうと嫉妬心が生まれてしまいます。

受験といった一大イベントもありますが、世の中の流れが偏差値の高い学校に行くことが成功だという考えの中で価値観の違う人たちが勉強しなくてはいけない状況です。

青年時代は勉強する教科も限られているためにその中から自分に向いているものを選ぼうとしても無理があります。

決められた科目の中で成果を出せる人は限られてくるのです。

試験の点数によって成績が数値化されてそれによって他人と比較をするようになります。

かけ離れた点数の人との溝はすくまりますが、僻みや嫌がらせがでてくることもあります。

青年期といった時期がもっとも劣等感を感じやすい時なのでよけに僻みは大きくなってくると思っています。

とはいえ、劣等感は自分の努力する行動を生み出すこともあるようです。

優越欲求というものが引き出されると自分の劣勢となっている欠点を補おうとする意識がでてくるようです。

青年期における容姿・容貌に対する劣性を認知したときに生じる感情と反応行動との関連

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep/57/1/57_1_1/_article/-char/ja/

人間関係の難しい部分を回避しましょう

僻みや嫌がらせは人生で経験することがあるかもしれません。

こういった人間関係の難しい部分は上手に回避する必要があります。

僻んでくる人には自分との差を見せつけてしまいましょう。

そして、嫌がらせをしてきた復讐心を持ってガンガンに努力しましょう。

差をどんどんひらければ相手も頼るしかない状態にすることができます。

スキルを磨いて他の人が何もできないようにしてしまいましょう。

客観的な考えが大事

嫌がらせされても無視しようとしても心がそれをさせてくれないと思います。

嫌がらせに慣れている人ならいいのですが、そんな人はいないと思うので、客観的に考えて相手の方がおかしいことを考えましょう。

相手が僻みだと分かれば気にせず、全力で進むことが大事です。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.