時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

会社で叱られた時にやる気を下げない考え方【自尊心の強化】

投稿日:

会社で叱られても自分の行動に価値があるなら続けるべき
自尊心の強化

人生で失敗した経験は必ずするものですが、上司から叱られることもあります。

私は新入社員の時に叱られた時には考え込んで落ち込んでしまうことが多かったですが、仕事をミスして怒られた時は自分自身が批判されているような気分になっていたことを覚えています。

上司は失敗した行動に対して叱責しているのですが、自分は「ダメな人間」だ。といった意識を持ってしまっていたこと原因でした。

会社で叱られたときに考え方を間違えると自尊心を失ってしまうこともあります。

誰もが最初から正しい行動や成功ばかりするわけではなく、時にはミスもあり、間違った行動をとってしまうこともあります。

完璧な人間はこの世にはいないと思っていますが、自分がダメな部分は認めて、それを承認することも大事です。

行動を改善しながらレベルをあげていけばいいだけです。

  • 会社で叱られたら悪かった対象を認識する
  • 自分自身が批判されたのではなく行動が批判された
  • 短所があっても承認して自分を認める
  • 人格を否定された時は反応しないこと

    ▼目次

  • 叱られた時に批判された対象を意識する
  • 人格ではなく行動が批判されていることが分かるからです
  • 相手の批判に対してどう反応するかが大事
  • 批判された行動の価値を再認識してみましょう

叱られた時に批判された対象を意識する

会社で叱られた時には注意された対象を意識しましょう。

自分自身の批判ではなく、行動に対しての批判であることが多いです。

行動を直すだけで改善できる可能性が多いのですが、なぜか自分の能力が低いといった勘違いをする人が多いです。

人は誰もが短所を持っている

自分は完璧じゃないといけない。と思っている人は不幸になりやすいです。

人間は不完全な生き物であり、最適な行動や考えをできる人は少ないです。

また、人によっては短所があり、不得意な仕事がある人もいます。

一部分のできないことがあるだけで自尊心を大きく下げてしまう人もいますが、そこは自分の苦手な部分だということを認めましょう。

そして、ひとつずつ改善していくのです。

周りの人のレベルまでいかなくても、考え方が理解できたり小さな成功を感じた時には自分を褒めることが大事です。

人格ではなく行動が批判されていることが分かるからです

仕事で失敗したときには自分の行動を分析しましょう。

叱られた内容が行動にあることが分かるはずです。

あとは行動を最適化するだけで解決できます。

次に活かすといった考え方が大事で何か対策をする必要があります。

次に同じ失敗をしないような対策を考えること自体が成長につながることもあります。

失敗をしない仕組みづくりができたのなら、あなたの実績となりやる気をがグングン上がってくるはずです。

対策の方法は様々です

これしか選択がなかった。といった言葉を聞くこともありますが、よく考えてみると様々な手があるはずです。

アマゾンで事務用品を検索してみても、仕事を効率よくこなすようなアイテムがたくさん見られます。

みんな同じミスをしているから、それを防ぐための事務用品が様々に開発されています。

アナログな事務用品だけでなく、今の時代はスマホのアプリなんてのもあります。

相手の批判に対してどう反応するかが大事

会社で仕事をしている時に様々な批判をもらうことがあります。

批判をされて行動を止めるようなら、そこまで価値のあるものだと心から思っていないかもしれません。

本当に自分にとって価値のある目標なら批判されても無視してそれに向かって突き進めます。

批判された行動の価値を再認識してみましょう

叱られて落ち込んだときには自分の行動の価値を再認識してみましょう。

自分の行動を批判されて時には相手の論理で否定されます。

しかし、あなたが本当に価値があると感じるなら行動を続けるべきです。

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.