日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

リラックス

リラックスできるインテリアはコーヒーテーブルです【カフェ風インテリア】

更新日:

カフェのようなインテリアを取り入れてお部屋をリラックスできる空間に変えたいと思っている人は多いです。

カフェというと人によってイメージが異なりますが、茶色を基調とした「落ち着ける」リラックスできる空間から色の対比が多い「楽しい」といったイメージまで様々です。

今回はコーヒーテーブルと、その他のインテリアの選び方を紹介します。

【リラックスできるインテリアで部屋をカフェ風に変えたい方】

【カフェのような部屋に憧れている方】

カフェ風でリラックス

▼目次

  • 居間にコーヒーテーブルを置きましょう
  • カフェ風のインテリアは落ち着きが生まれます
  • 具体的な実例を調べましょう
  • コーヒーテーブルを置くスペースがない!?
  • ローテーブルで調べてみましょう。

スポンサーリンク

居間にコーヒーテーブルを置きましょう

リラックスできるインテリアとしてコーヒーテーブルがありますが、カフェ風な部屋といった印象を強めることができるアイテムです。

部屋が狭くてテーブルを置く余裕がないと感じ人におすすめです。

ローテーブルは狭いスペースを上手に活かすインテリア要素の高いテーブルです。

コーヒーテーブルとも呼ばれていますが、

【インテリアでリラックスできる空間をつくりたい】

【部屋が狭い】

こういった条件にぴったりなのがコーヒーテーブルです。

カフェ風のインテリアは落ち着きが生まれます

インテリアの内装色彩が家具の色彩選定とレイアウトに与える影響

https://ci.nii.ac.jp/naid/110004083999

部屋の全体を白色にすると、「冷たい」「落ち着きのない」といったイメージが付いてしまうので注意。

インテリアで茶色を活用しましょう。

インテリア要素が強いほうが「味わい深い」「落ち着く」「和む」といったことが照明のインテリアの論文で書かれています。

部屋をカフェ風にチェンジすることでリラックスできる空間になるのです。

具体的な実例を調べましょう

リラックス効果抜群! カフェのような家のつくり方

https://www.renovation-soup.com/interior/2054/

カフェ風のインテリアを取り入れたいなら茶色を選ぶのがベターだと感じます。

茶色のコーヒーテーブルや茶色のソファは渋い感じを出してくれます。

「地味」といった印象がついてしまいますが、失敗しないリラックスできる空間を作りたいなら白色内装で茶色で統一です。

人によってはカフェのイメージが違うので「楽しい」「ワクワク感」とういった雰囲気を出したいのであれば、色彩の対比をもたせるようにしましょう。

色彩の対比

  • 白を基調としたら黒のインテリアを置く
  • 茶色内装に対して白色のインテリアを置く

色の対比を強く出すことで、若者向けのカフェ風といった部屋に変わります。

渋いイメージが苦手といった人には色彩の対比を上手くつかいましょう。

コーヒーテーブルを置くスペースがない!?

狭い部屋でも広々見せられる。「ロースタイルの暮らし」でリラックスできる毎日に。

https://folk-media.com/842747

コーヒーテーブルの選び方が分かります。

狭い部屋だからこそローテーブルが魅力的です。

  • 重心が低いので機能性が高いものが多い
  • 素材感が強くでるのでインテリア要素が強い

ローテーブルで調べてみましょう

値段も高くなく、おしゃれで収納機能が高いローテーブルですが、アマゾンや楽天で検索すればでてきます。

値段も1万円を超えるものもあれば、比較的お値打ちな5000円くらいものまであります。

値段で決めるよりは

  • 収納できる機能
  • カフェ風の色(茶色)

といった要素で選ぶようにしましょう。

ローテーブル リビングテーブル テーブル カフェ 木製 引き出し おしゃれ 北欧 西海岸 モダン ヴィンテージ ブルックリン レトロ ウォルナット タモ 棚板 収納 突板 引出し付きウッド センターテーブル Doris〔ドリス〕

価格:13,115円
(2019/5/14 09:33時点)
感想(120件)

-リラックス
-

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.