時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

リラックス

リラックスできない日々をなくす【習慣を変えてリラックス】

更新日:

休日でもなかなかリラックスできないと感じたり、疲れがとれないという経験をする人も多いですが、リラックスできない日々には、ストレスが溜まる習慣があるのかもしれません。

【ストレスが溜まる習慣を見つけ出してリラックスする日を作る方法を紹介します】

リラックスできない休日をなくそう

▼目次

  • まずはスマートフォンの電源を切りましょう
  • スマホのストレス
  • 外にでることが大事
  • 私が充実したと感じた行動

まずはスマートフォンの電源を切りましょう

スポンサーリンク

スマートフォンは思った以上に時間をとられます。

休日が少ないと感じる方は、もしかするとスマホをいじってしたり、lineやTwitterで時間を使いすぎているかもしれません。

スマホを使う時間を制限したり、メッセージはササっと読んでしまうのも手ですが、電源を切ってしまうのがいいです。

とはいえ、仕事の電話がかかってくる人は難しいかもしれませんね。

スマホのストレス は要注意です

スマホの着信音やバイブ機能の音は人間にとって急性ストレスとなります。

多くの電話がなる環境でリラックスすることなんてできません。

電話が急にかかってくると「ビクッとする」感覚があるかもしれません。

電話が鳴ると、誰からだろう?と不安になることもあります。

スマホは少なからずストレスの要因として考えられています。

短時間でスマホの電源を切るべき

短時間でもいいので、スマホの電源を切る時間を作るようにしましょう。

瞑想でリラックスするのもいいですが、何もしないゆったりとした時間を作ることで心が癒されると思います。

スポンサーリンク

外にでることが大事

休日ずっと自分の部屋に籠ってしまうのはストレスが溜まってしまうかもしれません。

日中に太陽の光を浴びてセロトニンを作っておくことが大事だからです。

午前中でも外に出ましょう

私の経験でも外に出ることは気持ちが良いです。

近所の人に会うのが嫌だと思う人もいますが、朝早く起きて短時間でも外に出ることが大事です。

朝日を浴びることで、セロトニンが分泌されるので、目が覚めるだけでなく、活力が湧いてくるからです。

午前中は朝に生まれた活力を生かして、休日の計画をいっきに終わらせてしまいましょう。

ゆったりした時間は午後にとりましょう

休日くらいゆっくりしたいと感じる人でも午前は外に出るべきなんですが、1日中動いていたら疲れが溜まってしまうと思います。

午前に行動を起こして、午後はゆっくりしましょう。

午前で計画を達成していれば充実感を感じながら、家でゴロゴロすることができます。

午前に頑張ったご褒美という意識でダラダラ過ごすことで、自分への罪悪感はなくなります。

午後からダラダラした生活を送ったとしても、達成感があり、充実した日を感じることができます。

スポンサーリンク

私が充実したと感じた行動

私が休日にやっていたことは半身浴、片付け、ジョギングです。

朝早く起きるようにして、部屋の片付けをします。

朝5時くらいにおきていたので、掃除機はかけれなかったですが。

私はアパートの一階だったのでコロコロで床を掃除したり、ゴミを片付けたり、拭き掃除をしたりと簡単な清掃でいいです。

二階に住んでいる場合はコロコロでも苦情がくるかもしれませんね。

そして、ランニングした後に水分補給をしっかりしてから半身浴をしながら、タブレットで映画を観たり、読書をしていました。

この組み合わせは短時間に多くのことをこなすことができたので充実した日を過ごせます。

運動+半身浴のリラックス効果もあり、趣味の読書や映画も楽しめるのでおすすめです。

外に出たほうがいいけどインドアの趣味のほうが良い

私はもともとインドア派で休日に外に出ることはまずなかったんですが、インドアの趣味を持つことはとても良いことだと思います。

家の中の趣味は自分の時間を決めてサクッと楽しむことができます。

自分の計画通り、思った通りにいくのが良い点です。

外出すると、待ち合わせや、待ち時間といった無駄な時間が多くなることもあり、効率が悪いことがあります。

出かけることも魅力のひとつですが、インドアの趣味は効率面では最高だと思っています。

-リラックス
-

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.