日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

リラックス

リラックスしながら勉強するコツ【考え方と音楽でリラックス】

更新日:

勉強がストレスになってしまうひとも多いですが、私も学生時代は勉強が嫌いでした。

人と比べるといったことが多かったので、できる他人が成果を上げていく中で自分だけ成長が遅いと萎えてしまうものです。

勉強しても成果が出ないとイライラして勉強するのを辞めてしまうんですが、落ち着いてリラックスしながら勉強できる方法があるので紹介します。

【考え方でリラックスして勉強ができるようになる内容です】

▼目次

  • 「まだ未達成」といった思考はリラックスできる
  • 勉強の成長段階だとリラックスできる
  • イライラして勉強できない!?クラシックピアノでリラックス!
  • さあ、考え方を変えましょう!

スポンサーリンク

「まだ未達成」といった思考はリラックスできる

失敗といった意識は自分にマイナスなイメージを擦り込んでしまいます。

まだ、未達成といった言葉は前向きなようで、自分が失敗してここで終わりではなく、あくまで成長段階にいるけど、まだ成果が出ていないといった意味で未達成といった言葉を使いましょう。

言葉の力は偉大

人によっては言い方が違うだけでなんの効果もないと感じる人もいます。

しかし、言葉の力は偉大で、ネガティブな発言は行動をどんどん制限して、ポジティブな発言は行動をアクティブにしてくれます。

誰もが経験したことがあると思いますが、良いことが起きるとワクワクするものです。

勉強の成長段階だとリラックスできる

自分には向いてないといった答えをすぐに出す人がいますが、よく自己分析ができていないケースが多いです。

まだ、成長段階であるかもしれないのに見切りをつけてしまうことです。

イライラして勉強できない!?クラシックピアノでリラックス!

前の記事でも書きましたが、クラシック音楽はリラックス効果を与えてくれます。

https://otokuneto.com/%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AF%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%92%E8%81%9E%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%80%90/

クラシックピアノでモーツアルトを聞くとリラックスできるといった内容です。

一般的にクラシック音楽はリラックスに適していると言われていますが、モーツアルトでも曲によっては気持ちを高揚させてしまう場合もあります。

クラシック音楽を聞いてリラックス効果がなかったと感じた人は選曲の組み合わせがよくなかったかもしれません。

クラシックピアノを聴いた後に30分で効果が出る

クラシックピアノを聴きながら勉強するのはオススメしません。

作業用BGMといった言葉が一時期流行りましたが、作業は静かな状態で行ったほうが効率がいいからです。

クラシックピアノを聞くにしても、30分集中してクラシックピアノを聴いてから、音楽を止めて勉強するようにしましょう。

さあ、考え方を変えましょう!

勉強前の音楽を聞くだけなら手間もかからないので始めてみてはどうでしょうか?

考え方は一度には変わりませんが、成果が出なくても失敗といったイメージを持つのではなく、未達成だが成長段階といった意識を持ちましょう。

失敗した自分の努力や工夫、方法を褒めるようにしてください。

それらを一つでも改善して次の挑戦を楽しむことが大事です。

-リラックス
-,

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.