時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

モチベーションは内発的な動機で引き出そう【他人の価値観に惑わされない方法】

更新日:

他人の価値観だと目標が見えにくい
目標が見えにくくなる

私が学生時代に勉強しようとしたことはすべて内発的なものではありませんでした。高校生の時の大学受験にしても大学生の時の資格取得も自分の価値観に嗚ったものではなく、他人の価値観に惑わされて勉強していた記憶があります。

学生時代は実力よりも資格に対しての興味が大きかったです。

自分の専門分野と関係ないような資格をとろうと一生懸命になっていましたが、どれも周りの人から「この資格があると優秀」といった他人の価値観を聞きながら資格に挑戦していた記憶があります。

結果は全部失敗でしたが、私が本当にその資格が必要でその分野に興味があったのなら結果は変わっていたかもしれません。

私の時代はネットでも資格をとれば一生安泰なんて話もありました。

その情報に惑わされながら士業系の資格にもチャレンジしたのですが、なかなか継続することができませんでした。

すべてが社会的な価値観に惑わされていたからだと思っています。

周りの情報に惑わされずに自分の価値観にあったものにチャレンジすることが継続させるコツだと思っています。

努力によってどんな「未来」が待っているかを鮮明にイメージすることができなければ行動を続けることができないからです。

    ▼目次

  • 他人の価値観を気にすると消耗します
  • 自分自身の欲望に沿ってないからです
  • 私も他人の情報で不安になり、目標を何度も見失いました
  • 目標となる道をしっかり照らしましょう

他人の価値観を気にすると消耗します

学生時代でも友人から様々な情報が流れてきました。○○の資格をとると将来安定する。なんて話を聞くと何も資格を持っていない自分の立場が心もとないというか、不安が募る感覚がありました。

友人がとりたいと思っていた資格に自分もチャレンジしていました。

他人の行動によって自分もやらなければいけないと感じていたこともありますが、周りからの評価を受けたいといった欲求もあったかもしれません。

他人の価値観で努力をしようとすると消耗します。

最初はやる気がでたとしてもだんだんモチベーションが低下していきます。

少なくとも周りから評価されたいと感じていた時には身を入れて熱心に勉強していたんですが、その目的を見失ったところから本当につらい勉強が始まっていたのです。

スポンサーリンク

自分自身の欲望に沿ってないからです

自分の欲望や価値観に合わないものは継続することができません。

脳に「行動するといいことがあるよ」といった刷り込みを行うことができないからです。

その資格をとったところで自分が興味のあり仕事に就けるわけでもないです。

他人から評価されるかもしれませんが、「自分はなんのためにこんなことをしているんだろう」と虚無の世界に入り込んでしまうこともあります。

他人の価値観に投身しても成功することはできません。

私の経験でも本来の目的が欲望に合っていなかったり自分の価値観と異なることで努力することがどんどんつらくなっていくからです。

私も他人の情報で不安になり、目標を何度も見失いました

私が学生時代に他人の価値観に惑わされてしまったのは将来的な不安からきていました。どんな仕事に就けばよいのかが分からなかったことや、社会にでもある程度の保険のようなものが欲しかったからかもしれません。

しかし、一番継続して成功できる可能性が高いものはその分野を勉強することで将来好きな仕事ができるといった要素が大事です。

資格でも仕事でもものごとに励むためには目的が必要となります。

欲望や欲求を意識することで内発的刺激による反応によって行動することができるからです。

私は行動する前にアファメーションを行うことで行動することでどんな結果が待っているかを想像するようにしています。

気構えを前向きにして、強い意志で努力するようにしています。

スポンサーリンク

目標となる道をしっかり照らしましょう

目標となる道が暗い人生しか待っていなかったり、先が真っ暗ならなかなか行動を続けることができません。

人は光のある幸せな人生が来ると信じているからこそ頑張ることができます。

恐れの感情やそのモチに心配や不安がある時は勉強することなんてできません。

未来にどんな自分の姿があるのかをしっかり照らして明らかにしておきましょう。

継続していると否定的な感情が襲ってきます

自分の価値観にあった内容でもすべてが上手くいくことがありません。

私はプログラミング学習で挫折することも多いです。

「自分では向いていないのではないか?」といった気持になることがあります。

自分の好きな事でも後ろ向きな考えになることもあります。

私は失敗や挫折した時に後ろ向きになったり、挫折して落ち込んだりすることが悪いことだとは思っていません。

失敗して挫折したら誰でもツライと感じるものです。その感情を押し殺してしまうと精神的にも良くないのでしっかり泣いてすぐに立ち上がりましょう。

これを続けることで努力の度合いが高まっていきます。

成功するために得意なことでも、好きな事でも必ず壁に当たってしまします。

言い方を変えると、すべてが上手くいった時は自分が成長していない事と同じです。

何か上手くいかない事があり、自分で解決しようと努力することで人は成長するからです。幸いにもネットで検索することでほとんどのことが解決できるようになっています。

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.