時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

モチベーションはネガティブと折り合いをつける【ポジティブを増やす】

投稿日:

ネガティブ思考は消えません
ネガティブ感情はなくならない

【ネガティブな感情をなくしたい】

マイナス思考は大半の人が対処したいと思っている負の要素です。

私も過去の失敗や挫折からネガティブな考えが根強く残っています。

「ネガティブ思考に対処する」「無意識にネガティブ感情がでてくる」

ネガティブ感情は行動を阻害してしまう要因となり、ネガティブ思考を克服したいと思っている人が多いのは事実です。ネガティブ思考はみんなの嫌われ者で、ネガティブと画像検索すると暗い画像ばかりでてきます。

それだけ、ネガティブ思考に対処したい人は多いわけです。

しかし、私はネガティブ思考は対処すべきではないと考えています。

人間の思考は単純にできていて、過去の経験から出た結果を今の行動の判断材料にしているからです。過去に失敗したことや挫折したことも行動を起こした時の結果を予測するのに使われます。

心理学的にも失敗経験の必要性は議論されています。

成功・失敗経験に関する自伝的記憶の想起が学習動機づけに及ぼす影響

https://ci.nii.ac.jp/naid/120006250117

失敗経験を思い出す意味はその時と同じ過ちを犯さないように注意するためである。 【大阪産業大学 人間環境論集16】

そして、失敗した経験は記憶に強く残ります。対処しようとしても消せるものではなく、失敗経験は人間が生きていくうえで必要なものなのです。

失敗体験が根強く残るから人間は改善して再チャレンジするのです。失敗体験が記憶に残らなければ同じ行動をして同じ失敗の繰り返しです。

プラス思考なモチベーションとネガティブは共存する関係となる。

例えはなしですが、習字の授業で墨汁の入った入れ物に蛇口の水を入れ続けるとだんだん色が薄くなってきます。墨汁という負の要素が水のポジティブ要素を入れ続ければ水はだんだんと綺麗になっていきます。

ポジティブな要素を増やしていけば、ネガティブな割合がどんどん小さくなっていくのです。そして、成功体験が生まれたときにいくつかのネガティブ感情が頭からでていくこともあります。

成功体験がない人はどうすればいいか?

セルフイメージの強化で自分が成長していることを実感しましょう。

セルフイメージ強化が成功体験を最短で作る方法です。

あとは積み上げ式の成功体験を作っていきましょう。

  • 仕事のルーティンワークが数十分短縮できた
  • 自分の行動を1つ改善できた
  • 一か月間に連続で毎日2時間勉強できた

テストの点数や仕事の人事考課は自分以外の影響を受けることもあり、運の要素が関わる部分もあるので、成果として考えない方がいいです。

ある程度の習慣化ができたときに自己分析の要素として使うのはOKです。

スポンサーリンク

簡単にまとめると、

  • ネガティブは根強く残る
  • ポジティブを増やしてネガティブ要素を薄める
  • ネガティブは同じ失敗をしない役割もある
  • 成功体験がネガティブを外で排出する
  • ネガティブが改善を生む

    ▼目次

  • モチベーションとネガティブは共存します
  • ネガティブ思考も過去の蓄積された経験からくるからです
  • 私も挫折をした時にネガティブが生まれてきました
  • ポジティブ思考はモチベーション育てネガティブを排出する

モチベーションとネガティブは共存します

ネガティブな思考は誰もが持っています。表向きがいつもポジティブな言葉しか出てこない人でも記憶の中に必ず失敗経験が残っています。

思考も行動も習慣的となる傾向があり、過去の失敗した経験も行動を選択するときの判断のひとつとなります。

人間は毎日の作業をルーチン化しようとする傾向が高く、毎日イレギュラーなことが起こると疲れてしまいます。なので基本的には過去の結果を思い返しながら行動を起こすとどうなるかを予測するのです。

スポンサーリンク

ネガティブ思考も過去の蓄積された経験からくるからです

人間は学習する生き物です。大昔であれば獲物の獲れない方法ばかりをやっていたら餓死してしまいます。人間が生きていく上で失敗の経験は同じ失敗を繰り返さないためにできたものなのです。

ブログでも失敗して挫折することを否定していません。

私も挫折をした時にネガティブが生まれてきました

私は過去にブログで挫折を繰り返しています。今が何回目の挑戦かは覚えていませんが、ブログに対してのマイナス思考は消えることがありません。

  • 誰も見てくれない
  • 無駄な努力ではないか
  • 才能がない

ネガティブな感情が渦巻く中でひとつずつ自分のセルフイメージを高めていきました。ブログを開設して更新が続いていったのもセルフイメージによる疑似的な成功体験がポジティブ思考の割合を増やしたからです。

でも、私はそれ以上のポジティブ思考が蓄積されています。ネガティブ感情がでてくることもありますが、ポジティブ思考の量に比べれば微々たるものです。

ポジティブ思考はモチベーション育てネガティブを排出する

ポジティブな感情は根強く残りますが、あなたの成功体験がネガティブ要素を薄めてくれます。私はブログを3年前に挫折していますが、最近また始めました。

ブログなんて誰も見てくれないし、才能がない。といった状態でしたが、毎日の更新が続いていくうちにネガティブな要素が薄まっていきました。

セルフイメージ強化は小さな成功体験として機能するという結果だと思っています。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.