時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー

やる気

モチベーションの根源はあなたの欲望です【本能でやる気を出す】

更新日:

モチベーションの根源は欲望や欲求です
モチベーションの根源

私は人のモチベーションについて研究しています。

論文を読むこともありますが、私が実践して効果のあった方法をインスパイアしながら紹介していきたいと思っています。

実績としては、

  • ブログ毎日更新を173日達成
  • 土日のプログラミング学習(1日10時間)を三か月達成

私は過去にブログもプログラミングも2週間ほどで挫折するような人間でした。

私は意志が弱く、継続できない人間というレッテルを貼っていたこともあり、続けられる人間は生まれた時点で決まっているなんて思っていました。

しかし、小学校時代に成績が悪かった人が急に成績が良くなるといった現象をみたり、高校時代に運動おんちだったはずの友人が急に運動神経が良くなるという現象を見て不思議に思ったことがあります。

私の小学校や高校の友人の実例や私が急に継続できる人間になったことも、自分でもおかしな現象だと思っていますが、結論として誰でも継続力から習慣化まで持っていくことができると感じています。

モチベーションの根源は欲望です。といった内容について書いていきます。

  • 意欲で成長する
  • 欲望から欲動が引き出される
  • 夢や憧れが明確になるとエネルギーが生まれる

    ▼目次

  • モチベーションの根源を探しましょう
  • モチベーションは本能的な欲望や欲求から生まれます
  • 私もブログを始めた頃はモチベーション維持に苦労しました
  • 習慣化するまで続けてみましょう

モチベーションの根源を探しましょう

モチベーションの源となるものを探しましょう。目標としている職業や生活スタイルを持っている人はその生活をイメージできるようにしましょう。

私はプログラミング学習のモチベーションは以下のイメージを持ちました

  • IT長者になって会社をつくる
  • 会社にレストランを作る
  • 世界的に有名になる
  • 多くの国にオフィスを持ち好きな時に好きな場所で働く
  • ファーストクラスでアメリカに行きITのイベントに参加

グーグルやフェイスブックをイメージしました。

他にもアメリカのドラマの「Silicon Valley」の画像をデスクトップに張り付けていました、結果としてパソコンを起動させたら私がどんな欲望を持っているか、どんな人間になりたいかがパソコンを起動してデスクトップ画面の画像を見た時に引き出される仕組みになっていました。

モチベーションの根源を見つけ、欲望のイメージを引き出す引き金を日常生活の部分に組み込んでおくことがコツです。

モチベーションは本能的な欲望や欲求から生まれます

モチベーションはあなたの欲望や欲求から生まれてくることが多いです。

大欲(欲望が大きい)な人は継続するための要素をすでに備えています。

欲望が何か分からない人は書き出してみるとでてくることがあります。

モチベーションの根源となる欲望や欲求を発見、または再発見することができたら行動を起こすトリガーはできあがったようなものです。

行動を起こすトリガーがあなたを起こそうとするふるまいを押してくれます。

スポンサーリンク

欲望を探してみましょう

理想の生活や自由、人の調和といった理想となる姿を自分自身に質問してみるといいです。

  • 人生で感動した景色や光景
  • 心に残った映像や言葉
  • 楽しかったこと
  • 行ってみたい国
  • 好きな学問
  • 好きなスポーツ
  • 特別な趣味
  • 子供時代の習い事
  • インドア派、アウトドア派
  • 好きな映画やアニメ、マンガは?
  • 憧れの人

書き出してみると将来どんな生活をしてれば自分が「幸せ」を感じることができるかが分かります。

私はブログを始めた頃はモチベーション維持に苦労しました

私はブログの開始時期が今年の2月でした。

始めた頃は、継続なんて不可能といった言葉が頭の片隅にありましたが、アファメーションを実行していました。

私は毎日、帰宅した時にブログ記事を1記事書くことで自由な生活に近付き、書き終わった時にすっきりとした安心感をえることができる。

アファメーションにはコツがあります。

  • 主語は「私は」にする
  • いつ、何を、どれだけ
  • 夢を書く:私の場合は「自由な生活」
  • 行動が終わったら起こるすぐに起こる変化を書く(安心感)

アファメーションは最初は面倒に感じるかもしれませんが習慣を作るための技術だと思ってください。

アファメーションは行動できる思考回路を作るとトレーニングだからです。

行動に理由がない→アファメーション→理由ができる→毎日繰り返す

アファメーションを続けることによって自然と行動することで「幸せな生活」がやってくること、ブログを書き終えたらすっきりすることが刷り込まれた状態に持っていくことが大事です。

モチベーションの根源を引き出すためには、自然と行っている複雑な思考を単純化することで習慣を身に付けることができるのです。

なぜ、人間は複雑な思考から入るのか!?

「最初から何も考えずに行動できれば継続は簡単なんじゃ?」と思う人も多いです。

しかし、行動しない理由を作ることや否定的な考えを持つことは、大昔の人間が生きていくうえで必要なことでした。

今現在の日本の生活ならすぐに成果がでないものであっても飢え死にをすることはありません。大昔であれば逆ですね。冷蔵庫もなかった時代ですからすぐに成果を出すことをしなくては食べるものがなくなって死んでしまいます。

獲物がとれない所でずっと狩りをしないために「飽きる」といったことがあります。無駄なエネルギーを消耗しないために「行動しない理由」を作ります。

人間が本来持っている否定的な考えも失敗する要素を洗い出す効果があるのです。

大昔では「飽きる」「マイナス思考」が生きていくうえで役に立っていたと考えています。

現代ではそういった考えが負の要素として働くことがあります。

すぐに成果がでないことをやることに向いていないのが人間なんですが、どんどん効率化されていくことで日々の鍛錬や蓄積された経験がないと成果の出せない時代になってきたのです。

結論として、思考を単純化することが大事です。

行動を起こせば心がすっきりして、「幸せな生活」に近付くといった暗示をかけてしまいましょう。アファメーションが仕組みを動かしてくれるんですが、アファメーションをずっと続けることはしなくていいと感じています。

私自身もアファメーションは卒業している状態で継続ができています。

スポンサーリンク

アファメーションを卒業するとき

私の心の変化がどうかを書いていきます。

  • 早くブログを書きたいワクワク感
  • 書くことないトラブルが楽しい
  • ついでにやっておこうの考え

本能的な部分がモチベーションの根源だと思っています。

例えば、美味しい料理を見る→よだれが出る。といった現象に当てはめると、

ブログを書こうとする→「幸せな生活」がビジュアライズされる。

ここまでくると思考が単純化されているので、ブログを書く→失敗するとか、

ブログを書く→時間の浪費するだけといった思考が出てこなくなります。

複雑な思考をする前に、とりあえずやっておこう。といった感覚で終わらせています。

逆にブログを書かない日を定めたとしても、やってしまうのが習慣化です。

ブログ書かなくてもいいけど、「幸せな生活」に近付き、心がすっきりするならやっておいたほうが得だな。なんて考えて書いてしまいます。

そこには不利益が起こることを予測することはなく、非常に単純化された思考で行動を起こしています。

習慣化するまで続けてみましょう

習慣化というものを感じてください。

アファメーションを続けるだけで最初の行動を起こすことができます。

アファメーションはモチベーションの根源を呼び覚まして、活動的にしてくれます。モチベーションの根源となる心はアファメーションに反応してワクワクしてくる感覚を実感できます。

アファメーションで経験を積むことで、行動に対しての考え方を単純化することができます。

心の持ち方や気構え、気力といったものがモチベーションを引き出して力を授けてくれます。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.