日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

リラックス

メンタル強化で不安や動悸、ストレスを味方にするコツ

更新日:

春から新入社員になる方は希望がいっぱいである一方で、不安を抱える人も少なくないと思います。

社会人としてのマナーや歓迎会での自己紹介といったイベントもあるため、慣れていないことをしなくてはいけません。

「会社ってこんなに気を使わないといけないのか」

と感じる人も多いと思います。

今回はメンタル強化のためのストレスを上手に味方にするコツを紹介します。

【ストレスを味方にして不安や動悸をチャンスに変えることができます。】

▼目次

  • 考え方によってストレスを味方にすべき
  • 日常のストレスを活力に変えれるから
  • 論文にも書いてあります
  • ストレスを慢性的に溜めるとダメ
  • ストレスを味方にしてみよう

スポンサーリンク

考え方によってストレスを味方にすべき

仕事であったり、新たに新入社員として会社に入る方々は慣れない環境でストレスを感じることあると思います。

知らないルールを押し付けられたり、理不尽な経験をすることも多くなるんですが、ストレスが悩みとなる人も多いです。

会社は人に気を使わないといけないといった場面が多くなります。

自分の意見が通らなかったり、仕事が上手くいかないことも多いです。

上司や先輩からの圧力に対してどう対処するかが重要になってきます。

日常のストレスを活力に変えれるから

ストレスは考え方によって体の反応が変わってきます。

怒られたりしたときに

「次は成功させてやる」といった挑戦的なものであれば、

それは良いストレスとして働きます。

逆に「自分はダメな人間なんだ」といった考え方であれば、

自分自身を苦しめる悪いストレスとなってしまいます。

ストレスをメンタル強化によって味方にすることで、不安や動悸を勇気のある状態に変化させることができます。

ストレスによって引き起こされる体の変化は何かに挑戦するための状態になっていると考えましょう。

論文にも書いてあります

良いストレスと悪いストレス

https://ci.nii.ac.jp/naid/130000089049

ストレスは与える側ではなく、受ける側がどう感じるかによって良いものにも悪いものにもなります。

ストレスと友達になる方法

https://www.ted.com/talks/kelly_mcgonigal_how_to_make_stress_your_friend?language=ja

ストレスで病気になってしまうのは、人がストレスは悪いものだと考えるからです。

前年に酷いストレスを抱えた人の死亡率は高くなりますが、これはストレスが健康を害すると考えている人だけに当てはまった事実です。

外からのストレスを感じると私たちの体はそれに反応して防御反応を起こします。

高鳴る鼓動に心拍がはやくなりますが、高鳴る鼓動は次の行動に備えるための準備です。

呼吸が早くなるのは脳に酸素を送ろうとする状態になっています。

この場合に、ストレスは良いものだ。と感じている人の心血管は心臓が高鳴ったとしても、リラックスした状態になっていたみたいです。

ストレスに対して立ち向かおうとした勇気のこころが出ている状態です。

ストレスが人間を社交的にするといったデータもあようです。

オキシトシンといったストレスホルモンが脳の社会的な機能を調整しています。

オキシトシンは人を助けたときに分泌される物質です。

「大切な人を守りたい」といった気持がオキシトシンを分泌させるので、人を助けることは実は自分にもメリットがあるという事実です。

ストレスを慢性的に溜めるとダメ

ストレスは体に良いとばかりは言えない面もあります。

慢性的にストレスが溜まってしまうと免疫力が落ちてしまい、病気になってしまうこともあります。

普段からのストレスが発散できない人は慢性ストレスとして体に蓄積されていきます。

急性ストレスであれば一時的なものなので問題はないのですが、問題が解決できないようなことは慢性ストレスとして残ってしまいます。

特に人間関係が悪化してしまった場合は、慢性的にストレスが溜まってしまうことがあります。

休みの日は上手にストレスを解消するようにしましょう。

他の記事でストレス解消のコツを紹介しています。

ストレス解消効果があったものだけ厳選した、ストレス発散方法の裏技とコツ

ストレスを味方にしてみよう

考え方を変えてストレスを味方にしましょう!

どちらにしても、悪いストレスを抱えたところで得することはありません。

慢性的な長時間のストレスは体を疲れさせてしまいます。

体が疲れると心も疲れ、ストレスに対する防御反応が機能しないこともあります。

体をリラックスさせるような趣味を作ってみるのもいいかもしれません。


スタンフォードのストレスを力に変える教科書


-リラックス
-

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.