時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー

やる気

ブルースリー【名言】

更新日:

ブルースリー【名言】

すぐに行動が成功者の要素のひとつだと考えています。

「すぐ」というのはアバウトな言葉ですが、考えが思い浮かんだと同時にやってみることです。

最初のステップを踏むことで、その行動が正しかったのかという結果が返ってきます。

ダメなら改善、良かったら次のステップへ進むのがいいですが、すぐに行動できないことに悩んでいる人も多いようです。

「学校に提出する宿題をぎりぎりまでやらない」

「会社の資料を会議ギリギリに作成する」

ブルースリーの名言ですぐに行動するメリットや行動の秘密について私なりに解説しています。

名言を読んで、あなたが考えたことをすぐに実行して成果を出す姿を想像してみてください。

スポンサーリンク

    ▼目次

  • 考える前にすぐ行動ダメなら改善しよう
  • 考えてばかりだと行動できずにチャンスを逃がす
  • ブルースリーの名言を活用しましょう
  • やりたいことがあるならすぐに実行

考える前にすぐ行動ダメなら改善しよう

考える前に行動できない人は過去の失敗や相手の気持ちを考えすぎることがあります。

相手がどう思っているかを考えすぎると、自分がどう行動していいかが分からなくなります。

直感というものを信じて行動、そしてダメであっても経験として身に付きます。

いつかは経験が蓄積されてすぐに正解の行動がとれるようになります。

そして、すぐに正解の行動がとれることが本当の意味でプロなのです。

いつまでも考えて実行するのが遅いのはプロとはいえません。

仕事でも勉強でも効率やスピードが重要です。

考えてばかりだと行動できずにチャンスを逃がす

行動が遅いとチャンスを逃してしまうことがあります。

成功には気持ちの面で最高にやる気が出てモチベーションの高い時期に一気に行動しなければいけません。

モチベーションは日に日に落ちていくのでアイデアが思いついたらすぐに実行してやる気があるうちに成果を出しましょう。

スポンサーリンク

ブルースリーの名言を活用しましょう

私が会社の上司からブルースリーの言葉をよく聞いていました。

Don’t think. FEEL!

「考えるな、感じろ!」 といった言葉なんですが、現場作業をしていた自分に対してぴったりな言葉でした。

私は考えすぎて行動できない場面が多く、相手がしてほしいことを察して行動するのが苦手でした。

察することができたとしても行動が遅く、間に合わずに他の人がやってしまうシーンが多くチャンスを逃していたと感じます。

すぐに行動といっても「でたらめな行動」をとってしまってはダメというのが一般的です。

しかし、状況によって相手が欲しがるものや行動は経験によって感じ取ることができます。

だんだんと思考というものがなくなり感じることで仕事をこなすことができるはずです。

ブルースリーの名言を読めば、何か答えがあるかもしれません。

全ての武道とは、川下に流れていく水のようであるべきで、決してよどんではいけない

ブルース・リー

「よどみ」というのは溜まることです。

武道でも学問でも、技術は変化していかなくてはいけません。

停滞するのではなく、常に新しい考えや行動が流れてこなければいけないのです。

努力すれば成功できるといったことはなく、努力するプロセスで変化を加えることが必要です。

成功には分析と改善が必要不可欠です。

鉄則を学び、鉄則を実践し、やがて鉄則を忘れる。形を捨てた時、人は全ての形を手に入れる。スタイルを何も持たない時、人はあらゆるスタイルを持つことになる

ブルース・リー

最初はメンターや師匠の形を真似することが大事です。

基礎を身に付ける時には経験のある人のお手本が必要だからです。

基礎ができてくるとスタイルを変えても上手くいくことがあります。

個性というものを身に付けた時に成功への道を見つけたことになります。

パンチとは目標を「打つ」のではない。「打ち抜く」のだ

ブルース・リー

目標に到達するのではなく、打ち抜くことが大事。

目標に到達するだけで満足することなく、その先をイメージしながら進むことで、途中で目標が達成できそうでも力を緩めることなく全力をつくすことができます。

ほとんどの人が目標を設定すると目標を達成することだけに意識がいってしまいますが、目標達成期日よりどれだけ早く、どれだけ成果を出すかといった高い意識で取り組む大切さが分かります。

重要なのは日ごとに技量が増えることではなく、 減らすのを心掛けることだ。 つまり実質に関係ないものはどんどん捨てることである

ブルース・リー

私は本を読むときに必要かどうかを取捨選択しています。

私は必要な情報化をすぐに判断できないのですぐに試して効果がなかったら捨てるといった方法です。

すぐに実行してたくさん実験することで、自分にあった思考や技を身に付けることができます。

すぐに行動がなぜ成功者に近くなるかというと、正解を見つける確率が上がるからです。

俺はお前のために生きているのではない。お前も俺のために生きているのではない

ブルース・リー

他人の価値観に合わせている人は自分の欲望に合った道を進みましょう。

他の人から認められたいと思うばかりか、欲望に合わない目標を作り、他人の評価だけのために努力するのは良くありません。

行動が継続できないばかりでなく、苦しいと思いながら行動することになってしまいます。

人のために自分を犠牲にするのではなく、自分の欲望に合う姿を追い求めましょう。

他の成功者の人格を真似てコピーせずに、常に自分らしく、自分を表現し、自分を信じろ

ブルース・リー

他の人のスキルを真似するのは良いと思いますが、人格を真似ようとすると個性がなくなってしまいます。

人それぞれに生き方があるので自分らしさを武器にして個性を活かすようにしましょう。

自分の境遇に嘆くな。みずからチャンスを創りだすんだ

ブルース・リー

言い訳をして行動しない人が多いです。

「疲れたからやめよう」「時間がないから」「お金がないから」

言い訳を探す癖を作ってしまうと次々に言い訳がでてきます。

一般的にベストといわれる状態であっても言い訳を作るようになります。

「疲れた時こそ実行してライバルと差をつける」

「時間がないから効率を上げる方法を実験するため5分でもやる」

「お金がないから代替え案を考えて実行する」

考え方を変えればすぐに実行に移せると思います。

○○がないからこそ、自分の潜在能力を発揮できます。

世の中の成功者はみんなベストの状態で行動していたわけではなく、過酷で辛い状況でも努力しています。

○○がないからこそ自分の知恵を活かすチャンスなのです。

世の中の境遇における制限は知恵を生み出すチャンスだと思いましょう。

やりたいことがあるならすぐに実行

頭の中にやりたいことがあるならすぐに実行すべきです。

1日でも遅れてしまうと先延ばしの癖がついてしまいます。

アイデアがあるならすぐに実行してだめなら改善を繰り返していきましょう。

実行する回数が多いほど成功率は上昇していきます。

早く始めてたくさん実行、だめなら改善を何度もやりましょう。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るーやる気を研究ー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.