時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

ネガティブ思考を活かす

投稿日:

ネガティブ思考を活かす
ネガティブ思考

ネガティブ思考はなおせますか?

日常生活で悩みとなるのがネガティブ思考だという人もいます。

ネガティブ思考に困っていて、克服したいと考える人は多いみたいです。

今回の内容はネガティブ思考に悩んでいる方向けです。

ネガティブを無理やりなくすのではなく、良い面を活かしながらポジティブに変化させる方法です。

ネガティブ思考には人の気持ちが理解できたり、知的なことが好きで、几帳面といった性格を持つ人が多いです。

ポジティブ思考の人と違って様々な可能性を考えることができるのです。

ネガティブ思考を活かして順番にポジティブにする方法を紹介します。

  • ネガティブ思考を紙に書き出し論理的に判断してみる
  • ネガティブ感情を少しは残しておく
  • でも、もし克服できたら・・という思考
  • 引き算の考えをやめる

ネガティブ思考が少なくなった自分の姿を想像してみると行動にスピードが身に付きます。

スポンサーリンク

    ▼目次

  • ネガティブ思考を上手に活かしましょう
  • ネガティブ思考にはメリットがあります
  • ネガティブ思考を順番にポジティブにしましょう
  •  
  • ポジティブ思考だけで大丈夫?
  • セルフイメージの強化だけでもやってみましょう

ネガティブ思考を上手に活かしましょう

ネガティブ思考について批判する意見が多いです。

ネガティブ思考を多く持つ人も日常的に悩んでいる人もいますが、ネガティブ思考は人間にとって悪いことだけではありません。

ネガティブ思考は将来に起り得る最悪の状況を予測するためのものです。

それが悩みとして、頭の中に蓄積されています。

悩みが解消されなかったり、上手く解決法や対策が思いつかない場合には、ネガティブ思考が解消されずに脳内に溜まっていくのです。

慢性的なネガティブ思考は鬱病のような病気になる可能性があります。

ネガティブ思考が生まれてきたら、原因を追究して、対策をしましょう。

ポジティブ思考を身に付けて対策、改善することができればネガティブ思考は頭の中から排除されていきます。

ネガティブ思考は性格なので、生み出すことを防ぐのは難しいと思います。

ネガティブ思考が生まれたらすぐに対策して蓄積しないようにする必要があります。

ネガティブ思考にはメリットがあります

ネガティブ思考をする人は頭の良い人が多いです。

いろんな角度から物事を考える癖ができているので悪い結果になることを予測できるからです。

ポジティブな人は思慮が浅いことが多く、ネガティブ思考の人はなんだかんだで恩恵を受けているのです。

ただ、ネガティブ思考の原因となる問題が解決されないか、対策が後回しになってしまうと不安が消えずに慢性的となり精神が悪くなってしまうのです。

ネガティブ思考が出るすぐに対策不安を消し、ネガティブを解消

この流れでマイナス思考をため込まないようにすることが大事です。

ネガティブ思考を順番にポジティブにしましょう

ネガティブな思考を解消する方法としてポジティブ思考を頭の中に入れ込むといった手があります。

悪い考えが浮かんでしまったら紙に書き出しましょう。

論理的に分析しながら自分の考えていることは本当に起こり得ることなのかを考えましょう。

そして、「でも、もし克服できたら自分は成長できる」といった前向きな考えを取り入れるのです。

最悪な状況が起こることが想像できるならあらかじめ対策をとっておくことが大事です。

問題を紙に書き出して、対策をひとつずつ考えていきましょう。

頭の中では出てこなかったアイデアが紙にまとめることで出てくることがあります。

紙に書き出すことで情報が整理されて、イメージ構造ができるからです。

ネガティブな要因に対してしっかり対策したなら、あとは成功をイメージしましょう。

ネガティブは危険予知のようなものですが、対策をした後には忘れてしまってもかまいません。

改善、対策をすれば、「きっと上手くいく」といった気持に切り替えてしまってもいいと思います。

対策をすれば上手くいく根拠もあるので考え方を変えれます。

スポンサーリンク

ポジティブ思考だけで大丈夫?

ポジティブ思考だけでが危険だと思います。

ネガティブ思考を少しは残しておくことが大事です。

【自分は成功する】といった思考は大切ですがたまには失敗する要因を考えることも大事だからです。

精神が病むことがないくらいのネガティブ思考はあってもいいと思うのです。

未来を予測して起こり得る要因を予測することは大事です。

失敗を予想しながら対策をする癖を身に付ければネガティブ思考を上手に使いこなせていることになります。

セルフイメージの強化だけでもやってみましょう

私がブログ内で何度も勧めているのがセルフイメージの強化です。

自分の長所というとすぐに思いつく人はいないと思います。

それくらい人は自分の事を分かっていません。

人と比較して足りてないものならどんどんでてくるんですが、人間ってそういう生き物だと思います。

なので、今日1日でも成長したことを思い返して自分が強くなったような、成長したようなイメージを作りましょう。

成長については人それぞれなので、小さな成果でいいと思います。

例、「今日でてきた5個のネガティブ思考をひとつ解決した」といった形でもいいと思います。

注意したいことは「ネガティブ思考が5個出てきたけど、ひとつしか解決できなかった」この考え方はNGです。

理想に対してどれだけ足りなかったではなく、0の状態からスタートしてどれだけやったかが重要だからです。

少なくとも一つは解決できたのなら自分のイメージを強化しましょう。

そして、次の日は2個解決する努力をする決意をするのです。

スポンサーリンク

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.