時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

セルフイメージは失敗や挫折から立ち直れます【絶望からやる気を出す】

投稿日:

セルフイメージで失敗、挫折から立ち直る
セルフイメージは絶望から立ち直れる

私はスクールの試験を不合格になりました。

周りの仲間がみんな合格していたので、焦っていましたが本試験で不合格となり、再試験でも不合格という結果となりました。

他の人と一緒に勉強したはずなのにグループの中で私だけが試験に落ちる。というのはやる気も低下しますし、自尊心が低下してしまいます。

私は不合格になった瞬間は絶望してベッドで横になって考え事をしていました。

絶望する時間もありましたが、すぐに立ち直ることができました。

30分くらいは悲しい気持ちになっていました、走馬灯のように過去の失敗が蘇り、自分は失敗しかしたことがないといった錯覚に陥りました。

しかし、私はセルフイメージを高める訓練を日々やっていたので、試験に落ちたことを幸運だと思うことにしたのです。すぐに失敗や挫折から立ち直りました。

  • 自分が本当に苦手な分野が把握できた
  • 不合格になったことで改善しようと決意できた
  • 練習の場で失敗して絶望することができた
  • 復習で始めた頃より物凄い成長していると感じた

セルフイメージが高い人は他人と自分の能力を一部分だけで比較したりしません。

会社でもセルフイメージが高い人を見かけますが、

  • 人生を楽にします
  • 自分を承認できます
  • やる気を高めます
  • 継続できる心が手に入ります

    ▼目次

  • セルフイメージはあなたの心を鍛えてくれます
  • セルフイメージは挫折や失敗から立ち直らせてくれます
  • 私はセルフイメージの強化を毎日やっています
  • 絶望する時間も大切ですが、すぐに立ち直り改善です

セルフイメージはあなたの心を鍛えてくれます

セルフイメージは心を支え自尊心を守ってくれます。

私は子どもの頃にスポーツや囲碁をやっていましたが、どちらもそこそこ向いていると思っていました。

世の中に出るといろんな人と出会いますが、同じ人間と思えないくらいの差があるプレイをする人がいます。

どの手を選んでも勝てるビジョンが思いつかないといった状況で、心が折れた状態になることもあります。自尊心を失ってしまうと立ち上がるのが難しくなります。

失敗や挫折は誰もが経験します

暗い話になりますが、人間の社会は競争です。

みんなが勝てることはあり得ません。

どんなに経験を積んだ人にはさらに経験を積んだ人には勝てません。

成功してもさらにすごい人と競争することになります。

失敗や挫折は人生で必ずやってくるものなのでセルフイメージを鍛えるべきだと考えています。

セルフイメージは挫折や失敗から立ち直らせてくれます

私は器用な人間ではないので、なんでも最初はコツを掴むのに苦労をしました。

仕事でも20日くらいひとつも製品が作れないといったこともありました。

仕事をクビになるのではないかとビクビクしていましたが、毎日、正解を探しながら1人前になったのを覚えています。

挫折や失敗と諦めない心が大切です。

今やっている行動がだめなら行動を変えてまた挑戦するだけです。

私はセルフイメージの強化を毎日やっています

私はセルフイメージの強化を日ごろからやっています。

短期目標をこなした後やブログを書き終えた後に今日も自分は成長することができたことを実感しています。

やる気は日にちが過ぎるごとに減少するものです。

理由は長期目標が忘れ去られて、次に成長を感じられなくなってきます。

実際は成長していたとしても心が、意味がないと判断した時点で継続することは苦痛になります。

セルフイメージはやる気を充てんする心を動かす燃料のようなものです。

毎日のようにセルフイメージを向上させてやる気を上昇させましょう。

セルフイメージは変動しない数値で実感しましょう

セルフイメージの強化で気を付けてほしいことは、変動しない数値で自分を褒めることです。

  • 結果が悪い場合に自尊心が失われます
  • 積み上げ式の数値を使いましょう

セルフイメージを強化する材料は変動しない数値を使いましょう。

テストであれば、今までやってきた問題数や時間です。

私はブログを書いた記事の数と改善した数を数えてセルフイメージを高めてしまいます。

ブログを書くときにページビューでセルフイメージを作ってしまうとページビューが下がったときにやる気が低下してしまいます。

絶望する時間も大切ですが、すぐに立ち直り改善です

私は絶望する時間を大事だと感じています。

セルフイメージは絶望や失敗から立ち直ることができますが、絶望しない、失敗しないといったことはありません。

人は誰でも絶望します。失敗します。それが人間であり、人生です。

私はセルフイメージを日ごろから強化していますが、失敗したときは絶望します。しかし、他の人と違うところはすぐに立ち上がり行動し再チャレンジするのです。

セルフイメージの効果は様々ですが、

  • 自尊心を取り戻す
  • 今の自分を認める
  • 逆境に強くなる

といった感じです。

絶望状態から自尊心を取り戻したり、失敗した自分を認め、立ち上がります。

そして、自分の状況が最悪になるほど立ち直った後にゾクゾクしてきます。

【こんな最悪な状況になっているのは世界にオレだけでこの状況を変えれたら私は天才だ】

セルフイメージを高めるとこんな言葉が頭の中で響きます。

行動だけはNGです

私は多くの時間をムダにしてきましたが、とにかく行動だけは厳禁です。

目標はPDCAを回すことですがすべてをやると行動が遅くなります。

私がおすすめするのはD(実行)とA(改善)です。

具体的にどうするかですが、

  • D(行動)を継続:長期目標の設定
  • D(行動)を継続:セルフイメージの強化
  • D(行動)を継続 :アファメーションを利用
  • A(改善)スキルアップ:本を読んでその内容を実行

ほとんどD(実行)に関することをメインとして行い。

本を読んで改善することが大事です。

私はD(行動)だけやってきた人間ですが、継続しても成果をあまりだすことができませんでした。

しかし、私は今までの時間をムダだと思っていません。

D(行動)の土台となる継続できる習慣作りのコツが分かったからです。

私は毎日ブログを書いていますが、夜遅くなって帰ってきて、ご飯を食べる時間を省きながら、睡眠時間も少しだけ削って執筆していますが苦しいと感じたのは最初の4カ月だけです。

上手くマインドをコントロールできるようになってから楽になってきます。

最終的に習慣化が終わると、心から行動できるようになります。

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.