時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

やる気を引き出す方法を紹介します【パッと習慣を手に入れるコツ】

更新日:

やる気を引き出す効果的な方法や仕事中は真面目に働くけど、家に帰ったらやる気が続かないといった方もいるかと思います。

私も正社員で働いているので家に帰ってからブログを書くのはしんどい日もありました。

今では習慣化されているのでなんとも思いませんが、習慣化するまでに何度も挫折して辞めては再開を繰り返してようやく今のような状態になりました。

休日もプログラミング学習を土曜日と日曜日で合計24時間の勉強をしています。

最初のブログで習慣化のコツを掴んだのでプログラミング学習もツライ気持ちは少ないです。

しかし、遊びたいといった誘惑は常にでてきます。

誘惑を抑えるというよりはブログを書く、プログラミング学習をする先の未来を想像しながらこちらのほうが将来的にメリットがあると脳に説得しながら行動しています。

ブログに関してはアファメーションや長期目標といったものは使っていません。

習慣化されてしまえば楽に継続できます。

プログラミング学習に関しては習慣化が終わっていないので、長期目標、アファメーション、セルフイメージ、マインドフルネス瞑想を活用して継続しています。

今回は自分なりにやる気をだす方法を見つける手助けとなる内容を意識して書いていきます。

    ▼目次

  • やる気を引き出す方法は必ず見つかります
  • やる気を引き出すには不満を持ちましょう
  • 自分の成長がさらなるやる気を引き出す
  • 習慣化された感覚を感じましょう

やる気を引き出す方法は必ず見つかります

過去の私は自分にラベルを付けていたと感じます。

  • 私は飽きやすい
  • 継続できない
  • 最初はやる気があるがすぐ冷める

過去の経験によって自分で自分の性格を決めつけていました。

意識や言葉の力は偉大で後ろ向きな考え方をしてしまうと本当にそうなってしまいます。

私は学生時代でも社会人になった時でも、生まれつき継続できる人間、飽きやすい人間といった2種類のタイプがいてそれによって成功と失敗にわかれると考えていたのです。

スポンサーリンク

人との出会いでやる気を引き出す方法に気付いた

私は最初の会社は有名な大企業に就職できました。

ほぼ運なので、この時は習慣化なんて持っていませんでした。

有名大学卒の同僚と話をする機会があり、勉強でもやる気の出る分野と出ない分野があると聞きました。

やる気は人間によって決められているのではなく、行動する内容によってやる気の度合いに差があると知ったのです。

スポンサーリンク

やる気を引き出す方法は人の経験や意識によります

物事に対して「絶対に役に立つ」とか「生活において必要な知識」であれば一生懸命勉強します。

実際にコミュニケーションに必要な言葉や文字を覚えない人はいません。

自分が生活するうえで必要なものだからです。

人間は意味があると感じるものや、価値があると感じることに関してやる気を引き出すことができます。

やる気は生まれつきではなく、「意味がある」、「価値がある」といった意識から引き出されます。

やる気を引き出すには不満を持ちましょう

今の自分の生活に不満を持っていない人はやる気を引き出すことは難しいです。

欲がないことは美徳な考えですが、人間は不満を持つからこそ進化してきた生き物なのです。

日々の生活で不満を持つことで、自分の欲望が生まれてきます。

自分の欲望が明確になったときに、欲望を実現するために行動するエネルギーがわいてきます。

実際にお金持ちの生活を覗いてみましょう

世界の富豪ベスト5!

https://www.youtube.com/watch?v=Ga4FqqIojsA

日本ではお金のために努力するといった考えは良くないと思われがちですが、人に話さなければいいだけです。

お金持ちだからといってその資産を自分の欲を満たすためだけに使うわけではありません。

自分で慈善事業を立ち上げたり、世界をより良くするためにお金を使う富豪もいるわけです。

お金持ちになるといったことに興味がないとしても、たくさんお金を稼いで世界を住みやすくするといった目標を立てるのもいいです。

スポンサーリンク

自分の成長がさらなるやる気を引き出す

自分の成長がやる気を引き出す要因となります。

私はブログを更新した日を毎日把握しています。

ブログ継続何日目といった形で継続した日を積みかさねていくうちに自分が成長しているイメージを持ちます。

人間は成長と感じた時にやる気が引き出されます。

成長を感じることで行動に意味がでてくるからです。

自分の成長は変動しない数値が良い

テストの点や成績といった要素は変動しやすい数値です。

変動する数値を成果として毎日見てしまうとやる気に浮き沈みが出てきます。

成果は積み上げ式で計算して実感してください。

「勉強を連続〇日継続中」といった積み上げ式がコツです。

習慣化された感覚を感じましょう

最初は面倒かもしれませんが、やる気を引き出すために様々な工夫が必要となります。

毎日行動を起こして4か月くらい自分のやる気を引き出すトレーニングをすることで習慣化につながります。

人によって異なりますが、目安としては半年から1年は継続しないと習慣化は難しいと思います。

スポンサーリンク

習慣化すると心からやる気が引き出されます

私は習慣化といったものを初めて実感したときにそのすごさが分かりました。

プログラミング学習がやりたいと感じたので、学習時間を確保するために、ブログの更新頻度を下げようと考えたことがあります。

ブログだけでも忙しいのに休日フルでプログラミング学習を入れた場合に、自分の好きな事をやる時間がまったくのゼロになってしまうからです。

しかし、ブログの更新頻度を下げようと決意した日に急に心がワクワクしてくるような気分になりました。

ブログを書かないと今日一日が終わらないような気がしたのです。

習慣化とは怖いもので、やらないと決めていたものでもやってしまうといったことがあります。

私は習慣とは本当にすごい力をもっていると感じました。

youtuberで有名なヒカキンさんは正月だけは動画を投稿しないと決めているようですが、それでも結局投稿してしまうそうです。

習慣化までの道のりは遠いですが、1つ習慣化できれば2つ目も難なくできると思います。

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.