時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気 リラックス

やる気は運動が最適です【ジョギングでリラックス】

更新日:

何事もやる気が起きないのですが何をすればいいですか?

私もやる気がでない日はありました。

まだ、ブログ更新を始めて一か月くらいでしたが、ずっとパソコンの前に座っていたり家の中で長期目標を連想していたのですが、じっと座っていることが苦痛に感じることがありました。

やる気を出すために運動をする手が最適な場合があります。

時間がない場合でも、15分か、20分くらい走るだけでも脳がリラックスできます。

普段からデスクワークをしている人なら家に帰っても勉強をしたり、パソコンのディプレイと向き合うのも嫌だという人もいます。

学生であっても、授業を受けてから家でじっと勉強するのに耐えられない場合もあると思います。

激しい運動をした日でもないのに疲れを感じることがあります。

脳が疲れていても体が疲れていると感じるからです。

脳をリラックスさせるために、外をジョギングすることでリフレッシュできます。

【座って落ち着いて勉強をするのが困難な方】

【なかなか行動に移せないと感じている方向けです】

【行動しようとしても最初の一歩が重いと感じる人】が最初の一歩を踏み出す方法といった観点で書いていきます。

やる気は運動が最適

▼目次

  • やる気は運動が最適です
  • 運動には脳のリラックス効果があります
  • 論文で運動の心理的な効果がでています
  • 行動する前に軽く走ってみましょう

やる気は運動が最適です

やる気を出すには運動が最適です。

私もブログの連続更新を始めてから最初の一か月後くらいで最初の一歩が重くなったことがあります。

頭では行動しないといけないと感じていても、私はなかなか行動できませんでした。

何かしなければと思って考え付いたことが、外を走ってみようといった考えです。

当時、ダイエットをしていたこともあってダイエット目的で外を走ったのですが、走っている時に考えることが前向きになりやすいと感じました。

スポンサーリンク

運動には脳のリラックス効果があります

ジョギングは前に向かって前進しています。

一歩一歩を踏み出すことによって移動距離が増えてゴールに近づきます。

一歩一歩が意味のある行動をしていると感じるわけです。

これによって、私の努力は実っているといった実感が生まれます。

自然の多い道を走るのが効果的です

私の経験ですが自然が多い山林や河原を走るのがおすすめです。

人工物の多い場所よりも、目に入ってくる景色が緑あふれる自然のほうが心理的な効果が高いと感じています。

論文で運動の心理的な効果がでています

私の経験だけでなく科学的にも心理的な効果が証明されています。

運動・身体活動の心理的効果

http://www.waseda.jp/sports/supoka/research/sotsuron2007/1K04B185.pdf
  • 有酸素運動は不安緊張の減少効果あり
  • うつ軽減効果
  • ポジティブ感情増加
  • βエンドルフィン

運動が心理的なプラス効果が多いようです。

運動によってマイナス思考がなくなる可能性が高くなります。

情緒的に安定となり、爽快感や活力、そして陽気な気分、自尊心が高くなるといった心理的な効果があります。

私はやる気がでないときは25分間の運動でリラックスしていました。

精神的にも落ち着いた気分となり、私自身効果があったと感じています。

好ましくない効果もあります

オーバートレーニングといって過度な負荷をかけたトレーニングをするとストレスとなることがあります。

ジョギングのような、軽い運動をやるといいです。

極度な運動嫌いな人も好ましくない効果がでることがあります。

一度試して結果を感じてみましょう。

行動する前に軽く走ってみましょう

効果があるかないかは走ってみれば分かります。

たった15分ほどの時間の投資なので試してみましょう。

効果がなければ辞めればいいだけです。

なにかやろうとしてもやる気がでなかったり、やらないといけないと分かっているのに行動できない場合は、短時間でもいいので外をジョギングしてみましょう。

スポンサーリンク

走っている時はプラス思考を忘れずに

ジョギング中はプラス思考になりやすいです。

ジョギング中には積極的にプラス思考を呼び出しましょう。

自分が設定した長期目標がだんだん近づいていくストーリーやその道筋をイメージしても効果があります。

自分の欲望が実現して人から頼られ自分が貴重な存在になっているイメージを作り上げましょう。

走っている最中に自分が成功している姿を想像することで、心理的な安定効果を得ることができます。

走っている時に自分と対話しよう

何も考えずに走ることもストレス解消やリラックスに効果的ですが、今回はやる気を出すために走るので何か自分に問いかける必要があります。

走る前にアファメーションを唱えましょう。

【私はネガティブなことを考えることがだんだんと消えていく、脳の中に消しゴムが入り嫌な事をけしてくれる】

【私は何かに行き詰った時に走ることで脳がリフレッシュされ違った視点で物事を見ることができる】

【私は辛い時期にジョギングをすると気持ち良い気分になる、気分がリラックスできて問題に正面から向き合える】

【私は今まさに一歩一歩前進している、挑戦することが私の人生を前進させることにつながる】

せっかくなので自分でアファメーションを作って実行してみましょう。

-やる気, リラックス
-

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.