時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

やる気

やる気は成長で大事な要素【行動を改善してやる気を保つコツ】

投稿日:

やる気や行動を起こす気持ちが起こらない時は、行動を遅れてしまうことが多いと思います。

私は継続が苦手な人間だった過去があります。

自宅の居間でお菓子を見つけると食べ始め、食べている間は勉強できないからといった理由でテレビを見始めます。

そのまま夜になるともう寝る時間、といった生活でした。

人間は楽な方からツライ方へいくことはできない生き物です。

最初の行動が重要で、楽な方にいくのではなくツライ方に行くように誘導してあげないといけません。

今回は自分の行動を改善してやる気を保つコツを紹介していきます。

やる気は普段の行動を改善することで維持することができます

誰だって自分がひとつ成長したときには嬉しいものです。

過去の自分と今を比較して大きな成長をしていることが分かればやる気は大きく上がります。

私は週末に3つ改善といったことを目標としています。

具体的な改善内容

  • 自分が弱い誘惑への対策
  • 本を読んで日常生活に落とし込む
  • 期間を区切って結果を数値で分析
  • 最適な行動かを判断する
  • 改善できる情報は具体的な行動としてメモする

    ▼目次

  • やる気は成長に絶対必要です
  • やる気は行動を継続して習慣をつくれるからです
  • 私も行動を繰り返しています
  • やる気を保つ考えを身に付けましょう

やる気は成長に絶対必要です

やる気は「意味がある」と感じる行動から出てくるものです。

自分に成長を感じる要素があるならやる気は自然とでてくるものです。

私はプログラミング学習をしていますが、仕事と両立しながら学習しています。

休日は10時間以上の勉強をすることもありますが、私が勉強を継続できる理由は将来的な希望を見ているからです。

スポンサーリンク

私はITエンジニアになって独立して、IT長者になってといった具合ですが、鮮明にイメージしています。

学習が進んでいくうちに自分がどんな技術を身に付けたいかといった欲望が明確になってきます。私のやる気を支えてくれるのも欲望です。

やる気がないければ行動ができない

成長を感じるためのコツいは【PDCA】を回すことです。

P(計画)、D(実行)、C(分析)、A(改善)です。

私はDの計画とCの分析が苦手なのでやっていませんが、やる気は実行となるDの部分を支えるものです。

やる気は実行を継続させて、結果として成長の土台となるのです。

実行しなければ経験やスキルアップは期待できないでしょう。

やはりDoの実行は重要な要素となります。

スポンサーリンク

改善は意外と簡単

私は計画と分析を後回しにする性格ですが、改善は簡単にできることがあります。とにかく、本を読むことです。

私は本やに売られている本すべてが良い情報が載っているとは思っていません。

本を読みながら実行できそうなものがあれば、その部分で読むのを停止して日常生活に取り入れるようにしています。

一か月様子を見て効果があったなら継続しますが、思ったほど効果がない場合は行動計画から消していきます。

そうすると自然と自分の最適な行動が蓄積されていきます。

行動をチェックリストは有効

私は本の内容をメモすることも多いですが結局は忘れてしまいます。

この本に書かれている情報をあの場面で活用しよう。といった計画を立てておきましょう。

本の情報を日常生活に当てはめて、行動計画を立てるのです。

やる気は行動を継続して習慣をつくれるからです

やる気があると行動を続けることができます。

人の成長は数日ですることはありません。

長い月日によってようやくスキルアップを感じることがあります。

質が良い学習をしたとしても継続した学習をしなければ習得することはできません。

私はブログで習慣を作るコツを身に付けました。

自分の欲望を操り、自分の夢を描いて言葉を上手に使って行動を支えてきました。

習慣は何かひとつ作ってしまえばあとは簡単にできるものです。

スポンサーリンク

私も行動を繰り返しています

私もブログの毎日更新を続けています。

行動を繰り返すことによって少しですがコツが掴めて来ることがあります。

ブログを書く時間も減ってくることもありますが、以前と比べて格段にレベルアップしていることが分かります。

行動を繰り返すだけでは成長は遅いですが、成長するうえでやる気や継続は必須な要素だと考えています。

行動するだけではダメ

【PDCA】というものを前の記事で紹介しましたが、最初から全部やろうとすると作業が進まないことがあります。

私はブログを書きながら分析もしているのですが、正解が見つからないこともあり、次の記事をどう書けばいいかを悩んでしまうことがあります。

しかし、行動が遅れてしまう原因となってしまうので、私はDAだけやるようにしています。

習慣を身に付けるとDは心配なくできるようになります。

私はブログを休もうと思ったことがありますが、気付いたら書いていた。といったことが多々あっていまだに書いています。

スポンサーリンク

やる気を保つ考えを身に付けましょう

やる気を保つ考えを身に付けためには自分が成長している実感を持つことです。

私の行動はD(実行)とA(改善)がメインですが1日ひとつを改善することで昨日の自分とはまったく違う人間のように思えることがあります。

セルフイメージ強化をしているせいかもしれませんが、自分の成長を感じることでやる気を保つことができます。

学習の助けとなる本を用意しましょう

私は本から知識を得ています。

少し前まで本をじっと読んでいるだけでしたが、本を読みながら実践的に使えそうな部分があれば自分専用のチェックリストに書き足します。

ライティングの本を読んだのなら、文章書き方をひとつだけ真似してみます。

あとは実行するのを継続するだけです。

一か月くらい試してみた時の結果を見ることで価値ある行動かを判断するようにしています。

やる気を保つための成長は本から得ることができますが、ある期間を区切って数値で成果を比較することが重要です。

世の中に出回っている本は、すべてが万人向けの情報でないように感じます。

本の内容をすべて信じるのではなく自分にあったやり方や考え方があれば自分のプランに取り入れるようにしましょう。

-やる気

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.