日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

やる気

やる気がでないを改善するコツ【やる気の維持を深堀りします】

更新日:

こんにちは、フォレスティです。

2月くらい?からブログを始めましたが、連続して更新できています。

ブログ110日連続更新中です。

最初は毎日更新できるか不安でしたが、自己啓発の考えを取り入れながらやる気を維持してきました。

私はもともと飽き性で、ブログは何度も挫折しています。

今回は考え方を変えるだけで、ブログが連続110日の更新に成功したので紹介したいと思います。

【挫折が多く続けられない方向けの記事です】

【最初はやる気があるけど、すぐにやる気がなくなってしまう方】

私自身ブログを続けることが苦痛だったんですが、考え方を変えてから、今では楽しくブログを書いています。

マインドフルネスで悪い習慣を断ち切る

▼目次

  • やる気は維持できます
  • やる気を維持するメカニズム
  • マインドフルネスで悪い習慣を断ち切る
  • やる気がでない脳を説得する

やる気は維持できます

私はブログを連続で更新中ですが、最近では仕事から家に帰ってから毎日2時間半ほどの時間を費やしてブログを書いています。

今まではこんな人間ではなかったんですが、ブログを書いていくうちに出会ったTEDのトークを見てから、自分の心が大きく変わりました。

まずは、私の中で悪い習慣だと思っていたものを断ち切りました。

本能で行動する部分を客観的に見るようにしました。

この行動って今取らないといけないの?と自分の脳に質問します。

やる気を維持するメカニズム

やる気を維持するためには【行動に意味をみつけることが大事】です。

長期目標を決めることで第一歩を踏み出すことができます。

長期目標は将来の憧れとなるものですが、憧れの職業や姿がイメージできない人も多いかと思います。

人工知能によって将来消える職業というものもでてくるので、憧れの職業や姿を具体的にイメージする必要がありません。

しかし、誰もが持っているものとして「欲望」といったものがあります。

欲望というのは抽象的な欲求です

  • 美人と結婚したい
  • お金持ちになりたい
  • 高級外車に乗り、豪邸に住む
  • いろんな国で好きなことだけをして生きる
  • 世界中から信頼される人間になる

人の価値観によって様々ですが、欲求というものは生まれながらに持っているものだと感じています。

長期目標を欲求という形で鮮明にイメージしておきましょう。

付箋に書いて机に貼っておくか、理想の姿書き出して張るのも効果的です。

見える場所に置く理由は、人は忙しくなると欲望を忘れてしまうからです。

机に座った時に、「私は付箋に書いた欲望を満たすために行動するんだ」と目標を思い出すことができます。

スポンサーリンク

まとめます

  • 「憧れ」の姿を見つける、なければ欲望でOK
  • 付箋やイメージ画像をいつもいる場所に貼る

マインドフルネスで悪い習慣を断ち切る

マインドフルネスといった自分の行動を客観的に見るといった瞑想法にたどりつきました。

TEDの感想をブログで書こうとしていたときに出会うことができて、これがなかったら持続できなかったと感じています。

前回記事を書きましたが、今回は自分が実績を出せたブログ110日連続更新を例に具体的に掘り下げていこうと思っています。

本能的な行動は最適な行動ではない

大昔であれば本能のままに生きることが最善であったと思いますが、時代が進むにつれて、様々な仕事が効率化され、そして、専門分野において深い経験と知識が必要になってきました。

昔と今では必要となるスキルが変わってきたのですね。

  • 大昔:目先の利益(すぐに成果がでないなら次を探す)
  • 現代:蓄積された知識や経験(成果がでなくても継続する)

昔は冷蔵庫のようなものもなく、その日に獲物をとらないといけませんでした。

なので、獲物が獲れないことを継続していてもすぐに飢え死にします。

「飽きる」という人間の性格は昔では非常に大事な要素だったのです。

しかし、現代では専門分野が深くなっていったため、時間をかけてスキルアップをしなければいけない時代となりました。

このことから、人間にとって最適な行動は本能ではなく、客観的に自分の行動を見ることで生まれてくると考えます。

悪い習慣は本能から生まれる行動で生まれる

人間は砂糖のような甘いものを見ると本能的に砂糖を食べるように脳が命令します。

昔であれば、生きるために必要なカロリーが目の前にあればすぐに摂取しなくてはいけなかったからですね。

ここで、論理的に脳を説得しましょう。

砂糖なんてどこにでもあるから、今食べる必要はないし、食べないことで死ぬわけでもない。食べる必要はないんだ。と言い聞かせます。

そして、砂糖の摂取にしすぎは肥満となり、体に悪い知識を身に付けましょう。

ネットで調べてもいいですが、悪い習慣だということを調べることが大事です。

悪い習慣の方向へ行動している自分を見て嫌いになることが大事です。

ダイエットなら自分がお腹をポヨンポヨンさせてる姿を思い浮かべてください。

あとひとつ、「カッコイイ自分を思い浮かべます」あとは選択します。

まとめます

  • 本能からくる行動は最適ではない
  • 自分を客観視して脳を論理で説得する

やる気がでない脳を説得する

勉強の時でも、脳は様々な誘惑を考え出します。

私たちは考えることが面倒なので、本能に従っていれば幸せになれる。と思ってしまいますが、実際は悪い習慣を生み出しているのです

ブログを書くときに脳との戦い

私はお風呂上げりにブログを書くといった習慣を作りました。

習慣を作るコツとして、日常生活の行動とセットにすることです。

お風呂からあがると、パソコンに向かうんですが、脳が様々な誘惑を考え付くのです。

  • youtubeで音楽を聴きながらやるといいよ
  • お菓子を食べると効率が上がるよ
  • テレビをみると情報を集められるよ
  • 友達からのラインを返した方がいいよ

最初はPCに向かって、出てくるのはyoutubeの誘惑です。

音楽を聴いた方が効率が良くなる。と誘ってくるんですが、音楽を聴きながらではなく、音楽を聴いた数十分後に効率が良くなるようです。

聞きながらの作業は私の経験でも効率が下がります。

これに対しては、実際の作業時間を計って分析しました。

そして、脳に言い聞かせます。youyubeはブログを書いた後だ。

今度は、お菓子を食べる誘惑です。

お菓子については脳に糖分を送ってくれるのでそうかもしれませんが、何かを食べることで眠気がでてくるという理由で脳に言い聞かせます。

テレビの誘惑もありました。

テレビは放送速度が変えられないので、放送時間がそのまま奪われてしまいます。

なのでテレビは時間のロスが多いので観ない方がいい。と言い聞かせます。

友達からのラインの誘惑・・・・。

ブログ書き終わってからでも良くないか?と脳に説明します。

自分の本能的な欲求を論理的に返していく感じです。

そして、三か月これを続けることで、前向きな習慣となります。

この変化が大きかったので情報を共有したいと思って記事を書きました。

まとめます

  • 脳に「なぜ、それを今やる必要があるの?」と言い聞かせる
  • 分析して調べて正しい行動に変える
  • 悪い行動を選択した自分を嫌う

マインドフルネスで2週間で7キロ痩せたダイエット実例も紹介しています。

-やる気

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.