日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

未分類

【時間短縮勉強法】ここぞという時に強い!やる気を出すコツ

更新日:

前回の記事で時間短縮勉強法といったものを紹介しました。

【時間短縮勉強法】やる気の糸を切らせないコツ

この記事は勉強が継続できない人に向けての内容になっていますが、

時間短縮学習法は普段から勉強をしている人にも有効な場合があります。

・日々の勉強が継続はするけど、友達からの誘い、付き合い、仕事の同僚との付き合いで家に帰るのが遅くなり勉強の継続が途切れています。

勉強の継続が途切れるといったことに悩みを抱えているなら、

時間短縮勉強法は一時的に時間がなくなったときに効果を発揮します。

普段から勉強することが習慣化されていれば、わざわざ時間短縮メニューなんて

作る必要はありません。仕事や友達付きあいで帰りが遅くなってしまったときでも、

5分間勉強をするといった気持を持っておきましょう。

人間は継続していたものを一度辞めてしまうと、再度行動しようとしたときに、

物凄いエネルギーを使うことになります。

最初のスタートが重くなってしまうんですね。

なので、これを対策するというのが今回の記事の内容です。

こんな悩みを抱える人に読んでほしい内容です。

ある時、勉強の継続が途切れる

誰もが経験したことがあると思います。

私も飲み会があった時であれば、帰って勉強なんてしたくありません。

自分にも甘くなっている状態なので、やる気なんてでてきませんね。

しかし、時間短縮勉強法はこんな甘い気持ちを持った私を変えてくれました。

【やる気をださせる考え方を習得する】

アファーメーションを上手に利用しましょう。

アファーメーションはこちらを参照してください。

勉強で活かす!モチベーション維持のコツ

私は今日勉強することで、またひとつ知識が身に付き、テストの点が1点上がる

アファーメーションを唱えてから、5分だけ勉強するだけで成長するといった

自己暗示をかけることで、継続を途切れさせないといった対策をとりました。

結果として、飲み会の後に5時間後に出勤しなければいけない状況で、

10分くらい勉強したのを覚えています。

アファーメーションは行動の意味というものを見つけてくれるものです。

言葉の力というものを信じてみるのもいいかもしれません。

メンタルで脳を制御してやる気を出す方法もありますが、

言葉で自分の脳を上手に操る方法もあるのです。

アファーメーションを使って自分が希少価値があると宣言する

アファーメーションを自分なりに開発していきましょう。

スポンサードサーチ

人によって価値観が違うので、私の方法がすべてではありません。

【残業で夜遅くて疲れているのにこの過酷の状況で勉強をできるのは俺だけだ】

こんなアファーメーションでやる気を奮い立たせるといった方法もあります。

アファーメーションは自分に負担がかからないように行動に移してくれる力があります。

言葉には偉大な力が秘められているのです。

言葉は自分だけでなく、他人まで成長させることができます。

悪い使い方をすれば、自分や他人を病気にすることさえできてしまいます。

考え方というものが基本の土台としてあるのですが、

言葉の力で自分をサポートすることで、やる気を維持することができるのです。

アファーメーションは行動をサポートするものですが、

他にもセルフイメージというものが存在します。

セルフイメージとはあなたがこうありたいといった姿です。

行動を起こした後には必ず、あなた自身のセルフイメージを強化することが大事です。

必ずしも、行動に適したイメージでなくてもいいです。

今日勉強したことでまた一歩成長したといった自分をイメージしてください。

イメージなのでなんでもいいです。鮮明にイメージしてほしいのですが

私は筋肉が増えてマッチョになった自分をイメージします。

勉強であっても筋肉のイメージでもいいですよ。

どんなイメージであってもいいのですが、

昨日と違う自分を鮮明にイメージしてください。

成長が感じられるものであればなんでもいいのです。

-未分類

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.