絶対痩せる!モチベーションを維持するダイエット大作戦

今日はダイエットに成功した私がモチベーションを維持して継続するための

ダイエット大作戦を計画するコツを紹介していきます。

ダイエットが面倒だと感じて中断してしまう人向けの記事です。

記事の内容はやる気維持がキーワードになっています。

【ダイエットのやる気を維持したい。】

【継続して運動や食事制限を行いたい】

簡単に目次でタイトルをまとめてみました。

ダイエットといった言葉が入っていませんが、

ダイエットするにあたってのやる気の出し方、モチベーション維持が

この記事での特徴だといえます。

長期目標を設定しましょう

長期目標を設定して最初の行動を起こす起爆剤にしましょう。

自分の夢や憧れ、欲望に近付くためにダイエットをするといった

ダイエットに明確な意味を持たせます。

アドラー心理学で有名なアルフレッドアドラーの名言です。

【 あらゆる行動には目的がある 】

目的がなければ人間は行動することができません。

長期目標であなたの欲や夢、そして憧れといったものを反映させましょう。

例えば、こんな感じで長期目標を立ててみます。

【私は好きな俳優(女優)のようになり、素敵な服がに合うようになる】

長期目標は個人の価値観によって変えるようにしましょう。

健康のためにダイエットする人なら、健康になり、長生きといった目標です。

長期目標を象徴するようなものを部屋のよく見る所に貼っておくといいでしょう。

長期目標を貼っておくのもいいですが、視覚的な画像のほうがいいです。

スポンサードサーチ

短期目標は結果を数字でチェック

当然ですが、1か月でも3か月でもいいので期間を定めて数字で測定しましょう。

簡単なのは体重計ですが、体脂肪率の測定でも問題ないと感じます。


タニタ 体重 体組成計 日本製 BC-705N WH 自動認識機能付き/測定者をピタリと当てる

運動メニューは有酸素運動と無酸素運動を組み合わせましょう。

筋トレで代謝を上げておいて、有酸素運動をするのがおすすめです。

筋トレをして疲れて休んでしまうと、せっかく代謝を上げて

温まった状態の体を休めてしまってはもったいないです。

すぐにジョギングに向かうようにしましょう。

とはいっても時間がない人は、筋トレ+ジョギングで時間がなくなります。

場所も時間も選ばずにトレーニングできるエアロバイクがおすすめです。

私もエアロバイクでダイエットをしていました。

エアロバイクはジョギングと比較して体への負担が少ないです。

正確には足首への負担が小さくなります。

購入を検討されているならコンパクトに収納できるものがいいと思います。

いろいろ探してみましょう。


ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417 折りたたみ機能付き

もし、自分に適したダイエット方法が見つからない場合はこちらも試しましょう

短期目標を数字で結果を確かめた時に、

ダイエット効果が得られなかった場合は短期目標を変更しましょう。

食事制限や運動の量を変更します。

今ではアプリで管理できる部分も多いので便利です。

便利なツールはフルで使っていきましょう。


ウサコのダイエット記録

アファメーションを設定しましょう

ダイエットを始めたばかりの頃は、憧れの俳優さん(女優)を目指したり、

健康になりたいといった気持が強いので、さぼることも少ないと思いますが

1か月後くらいに怠け心といったものが出てき始めます。

1日くらいやらないくてもいいといった考えが失敗の原因となります。

ダイエットに強い意欲を持っていても失敗してしまう人はこの誘惑に負けます。

人間は一度怠けてしまと、次に始める時に大きなエネルギーを使います。

学生が夏休みで遊んでいたときに学校に行くのが辛い原理と同じです。

時間がない場合でも、筋トレだけでもやるようにしましょう。

いつものメニューの3分の1でもいいです、5分でもいいのでやりましょう。

やらないといった選択をしないようにすることがやる気の維持で重要です。

スポンサードサーチ

長期目標を支えるアファメーションについて紹介します。

アファメーションは長期目標を支える起爆剤となるものです。

例えばこんな感じです

【私は今日運動をすることで体重が減り、心が穏やかになり達成感を得る】

こんな文章を唱えるのです。

アファメーションは今日やることで、こんな効果が得られますよ。

といったものです。今日やればこれだけお得。みたいな感じですね。

今日やるからこそ意味がるんです。といったニュアンスのアファメーションを

考えて唱えるようにしましょう。

後回しにすると損だと考えると人間は行動します。

今日やることで意味があるということを脳に伝えましょう。

スポンサードサーチ

運動後のセルフイメージ強化は大事

アファメーションは起爆剤ですが、セルフイメージはご褒美のようなものです。

アファメーションのように何かを唱える必要はありませんが、

自分の頭の中で成長した自分を思い浮かべるようにしてください。

私は今日、行動したことによって成果を出した。と暗示をかけます。

アファメーションで行動を開始するのですが、セルフイメージでは

今日、行動した結果として成果が出ました。ということを脳に言い聞かせます。

ダイエットですぐに成果を出すことは難しいです。

成果がでないといったことがやる気を低下させることがあります。

やる気を維持するためにも、自分が少しずつ痩せていくイメージを

頭の中で繰り返しましょう。

セルフイメージは達成感を得るとともにやる気を充電してくれます。

スポンサードサーチ

もし、どうしても間食がしたいなら

ダイエットの最中にリバウンドの原因ともなるストレスですが、

ストレスには上手に対処する必要があります。

リバウンドして逆に太ってしまう可能性があるからです。

普段から間食が癖になっている人は急に間食をなくすことで

ストレスが倍増してしまいます。

間食するおやつを工夫することで痩せるとはいいませんが、

太ることを防止することができます。

しかし、運動をした後はたくさん食べることが多くなるので、

おやつは最小限にすべきです。

間食で食べるものを工夫する方法としては

糖質制限のおやつを食べるようにすることです。

アイスでも糖質制限とうたわれているものが多くでています。

詳しくはこちらで紹介しています。

【ストレス対策】ダイエット中に食べるおやつ

おやつに限らずに糖質制限はダイエットに有効だと考えています。

私の周りでもダイエットに成功した人は糖質制限をした人でした。

糖質を制限する方法で運動しなくても痩せた。といった人が多いです。

成功率も高いようなので、糖質制限をしながらちょこっと運動を

取り入れていくのを続けていくのが効果的かなと感じています。

【時間短縮勉強法】やる気の糸を切らせないコツ

こんにちは

時間短縮勉強法といったタイトルで書いていきたいと思います

・過酷な環境、時間が本当にない状態で勉強を継続させたい

・今まで勉強をしたことない、1時間も勉強することができないけど、試験にパスしなければいけない

こんな方におすすめなのは、やる気の維持と続ける力です。

やる気を維持するために有効な勉強法を紹介します。

▼目次

  1. 長期目標の設定
  2. 時間短縮メニューを作成する
  3. さらに時間を短縮するための工夫をする

順番に説明していきます。

時間短縮で継続させる方法を見つけましょう。

長期目標を上手に設定する

長期目標を設定することは習慣を作ること、そして、習慣化されるまで

継続させることに必要な要素となります。

長期目標設定のルール

・自分の憧れや夢がイメージできている

・夢や憧れがなければ欲望でもOK。

長期目標はやる気がでない時に行動する最初の一歩を与えてくれます。

面倒だと感じた時、やる気がでない時に効果的な考え方です。

原則として、

【人間は意味のあると感じることして行動できない】です。

アルフレッド・アドラーの名言もこう言っています。

【 あらゆる行動には目的がある 】

アドラー心理学で有名なアルフレッド・アドラーの言葉です。

最近では有名となり、書籍も多く出ているので読んでみると面白いですよ

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え新品価格
¥1,571から
(2019/3/18 19:23時点)
アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉新品価格
¥1,728から
(2019/3/18 19:24時点)

名言を読んで感じたことですが、意味のないこと、目的のないことは

どうしても、やる気がおきない。そんな経験が共感できませんか。

心理学的にも私の経験からでも、意味がないと感じることは

退屈でつまらないと感じてしまうものです。

長期目標は退屈でつまらないと感じる問題を解決してくれるのです。

最初の一歩を踏み出すやる気を手に入れたい方はこちら

勉強で活かす!モチベーション維持のコツ

時間短縮メニューを作成する

さっそく、時間短縮メニューを作っていきましょう。

簡単で薄い問題集をやるのがいいです。

太い問題集でもいいですが、ある程度限定した問題をやることになります。

分からない場所は参考書で調べないといけないですが、参考書は記憶に残りにくいです。

実際に私もそうでした。なので、参考書を読んだときは3つだけ覚えようという気持ちでいることが大事です。

スポンサードサーチ

参考書は問題集を解き終わった答え合わせのときに読むようにしましょう。

問題集は時間を計ることが重要です。

最初は45分と決めてしまいましょう。必ず時間を計ります。

一定時間(45分)で解ける問題が成長とともに増えていくと思います。

45分でできる問題が1問で増えたのであれば自分のセルフイメージを高めましょう。

【続】勉強で活かす!モチベーションのコツ

セルフイメージは努力しても人から評価されないことでも満足感を得られます。

解く問題が1問も増えていない場合でも、勉強が継続できた日々を自分の成長として

セルフイメージを高める方法もいいでしょう。

【これだけは気を付けましょう】

模試や過去問の試験結果のようなものを、やる気の材料にしてはいけません。

変動する要素を自分の成果として考えてはいけないからです。

どれだけ勉強しても、自分が学習しなかった分野の問題が出てきたら、

当然成績は下がってしまいます。努力しても成果がでないといった

錯覚に陥ってしまうと、焦りといら立ちがでてきます。

模試で結果が悪かった場合は、できなかった問題を冷静に分析しましょう。

そして勉強の成果というものを模試の結果ではなく、

今までやってきた問題集や継続した日数を成長とするのです。

スポンサードサーチ

プロ野球選手でも打率を成果として考えていないひとが多いです。

当然、苦手な投手に多く当たれば打率も下がります。

打率が下がったからといって能力が低下していることはありません。

このことから、変動する数字を成果として考えてはいけないのです。

さらに時間を短縮するための工夫をする

ある程度問題集を何周をしているといくら継続する力なんていっても、

退屈になってしまう場合があります。

その場合は次の問題に進む必要がありますが、

何か工夫をするようにしましょう。

工夫をこなす方法は人それぞれですが、個人の潜在能力がでてくるところです。

有名大学に合格した人は独自の勉強法を思いつきますが、

独自の勉強法開発といったことが、潜在能力によって大きく異なります。

勉強法が合っているか、合わないかというのは人それぞれ違うので、

この勉強法がいいよ。とはいえないものがります。

私は過去にTOEICのリスニング分野で大きな成果を出した勉強法を紹介します。

TOEICのリスニングで400点付近を狙うコツ

あくまで一例なので、真似する必要はありません。

勉強というのは工夫することが大事だと感じています。

細かい工夫でいうと、

・完璧にできる問題はやらないようにする

・付箋の色分けで問題集の問題を何曜日にどの区間をやるかを明確にしておく

・机の上に習慣的にやる問題集だけ置くようにして整理整頓

ここで潜在能力によってアプローチが変わってきます。

実はこの工夫が勉強だけでなく、仕事術にも関わってくるので、

良い経験になると思います。

スポンサードサーチ

【忘れてはいけないこと】

時間短縮勉強法といったことが今回のテーマになります。

アスリートのように勉強するようにしてください。

即ち、

1秒でも勉強時間を短縮すること

そして、1日の勉強時間を聞かれたら

分単位で答えるようにすること。

だいたい1時間ではなく、46分です。とか。

昨日は47分かかっちゃったといった感じです。

どんどん時間が短縮されていくと30分で同じ量がこなせるようになります。

【時はその使い方によって金にも鉛にもなる。】

この名言はフランスの小説家ブレヴォの名言ですが、

ブレヴォの名言が共感できる瞬間が来ます。

陸上のアスリート選手の様に勉強するようにするのです。

机に座ってからがスタートです。

スポンサードサーチ

机に座ってから今日やるメニューを考えているようではプロではありません。

ババっと開いてスッと終わらせます。

時間短縮できたら、短縮した部分に新しいメニューを組み込みましょう。

最後に、

時間短縮法は勉強が継続できない人に向けた方法です。

そして、いつかは卒業していく必要があります。

習慣化といったものが体に身に付いたのなら、時間短縮勉強法を

卒業して自分の潜在能力を活かし、やり方を改善していくようにしてください。

忘れてはいけないことは、この勉強法はスタートダッシュにすぎないということです。

毎日継続すれば、成功するという意味ではこの勉強法で間違いありません。

しかし、受験する時期や試験の日が近いのであれば、量をこなす必要がでてきます。

自分がどの時期に受験するのかによってペースが変わってくるからです。

自分のスケジュールに合わせて、勉強法を変えていき、成功を手に入れてください。

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 (扶桑社新書)

新品価格
¥864から
(2019/3/18 19:25時点)

【続】勉強で活かす!モチベーションのコツ

前回の記事で長期目標とアファーメーションについて紹介しました。

今回はセルフイメージを利用して、達成感を得る方法を紹介します。

この記事の内容はこんなことを解決してくれます。

・勉強を続けてはいたが、成果がでないと感じて止めた

・勉強を続けても何の意味があるか分からなくなった

最初はやる気があったのに、急にモチベーションがダウンする症状です。

急にやる気が下がる現象というのは最初は勉強をする意味が明確でしたが、

数日後には勉強をする意義を見失ってしまう人もいます。

定期的に模試のようなものがあればいいのですが、5日ほどで

継続がストップしてしまうこともあり、難しいです。

スポンサードサーチ

一日の勉強が終了したときに自分の成果を高める言葉を唱えましょう。

セルフイメージを高める言葉を唱えるのです。

【私は今日勉強したことで、頭の知識が一回り分厚くなった】

なんて表現でいいと思いますが、セルフイメージを高めることで、

1日の勉強に成果がでた。ということを認識することができます。

褒められたような、感覚になる人もいます。

セルフイメージはやれば必ず点のとれる模試のようなものだと思ってください。

1日1日の勉強に意味があり、そのひとつひとつに成長がある。といったことを

自分に言い聞かせるのです。そして、夢に一歩近づく自分を想像してください。

ブログ初心者ですが、継続できるか心配・・

ブログを始めたのはいいのですが、

毎日更新を目標としています、自分のやってきたことが情報として残ると

年月が過ぎた時に懐かしい気持ちになったり、自分の思い出作りみたいな

切ない感じの意味で始めたんですが、毎日更新できるか心配です。

ブログのネタを1年書くと考えると365記事か・・・・。

今はモチベーションを維持できているのでガンガン書いているつもりですが、

毎日書いている人ってどれくらいいるのかな?

毎日イベントが起こる人なら書くことが多いとは思うんですが、

仕事が忙しい時に更新は難しいような気がするし、

とりあえず、モチベーション維持するコツは身に付けているはずなので、

忙しい時でも一行でもいいので、ブログを更新していきたいと思います。

「今日は一日、大変だった」。終わり、なんてことはないとは思いますが、

応援してくださるとうれしい限りです。

もし、1年ブログを継続できたときには、ブログの書き方のコツなんてのを

紹介しちゃってもいいのかな?1年継続でも365記事を書くので

個人的にはすごいと思いますけど、このブログは雑記という形で、

いろんな分野で書いていきますので、継続は比較的難易度が低いかもしれませんが。

会社でも人と話した情報だけでは不十分なので、本を読んだり、ニュース見たりで

感じたことを少しでも書いていけたらいいなと思っています。

おそらく、敵はモチベーションの低下だと思います。

まずは、長期目標を設定して、やる気を維持する作戦をとろうと思います。

私はブログを毎日1記事を書くたび、大金持ちに近づき、豪邸に住めるようになる

こんな暗示を毎日かけていきます。

短期目標に関しては、月に1万円を稼ぐといったところでしょうか。

広告を入れていきたいと思ってはいるんですが、やり方も分からないし、

とにかくブログを書きまくろうと思います。

私の日常を書くブログなので、見てくれる人は少ないかもしれませんが、

何か継続することができて、習慣を身に付けるコツが分かれば、

ブログに限らず、ほかの分野でも生かすことができると考えています。

上に書いた長期目標は自分の欲望ですが、非現実的な内容であっても、

それが叶うと自分に暗示をかければ、行動することができるはずです。

ブログ初心者にとって、毎日更新なんていうのは無謀かもしれませんが、

まずは1年、収益を気にせずに、楽しく書いていきたいと思います。