絶対痩せる!モチベーションを維持するダイエット大作戦

今日はダイエットに成功した私がモチベーションを維持して継続するための

ダイエット大作戦を計画するコツを紹介していきます。

ダイエットが面倒だと感じて中断してしまう人向けの記事です。

記事の内容はやる気維持がキーワードになっています。

【ダイエットのやる気を維持したい。】

【継続して運動や食事制限を行いたい】

簡単に目次でタイトルをまとめてみました。

ダイエットといった言葉が入っていませんが、

ダイエットするにあたってのやる気の出し方、モチベーション維持が

この記事での特徴だといえます。

長期目標を設定しましょう

長期目標を設定して最初の行動を起こす起爆剤にしましょう。

自分の夢や憧れ、欲望に近付くためにダイエットをするといった

ダイエットに明確な意味を持たせます。

アドラー心理学で有名なアルフレッドアドラーの名言です。

【 あらゆる行動には目的がある 】

目的がなければ人間は行動することができません。

長期目標であなたの欲や夢、そして憧れといったものを反映させましょう。

例えば、こんな感じで長期目標を立ててみます。

【私は好きな俳優(女優)のようになり、素敵な服がに合うようになる】

長期目標は個人の価値観によって変えるようにしましょう。

健康のためにダイエットする人なら、健康になり、長生きといった目標です。

長期目標を象徴するようなものを部屋のよく見る所に貼っておくといいでしょう。

長期目標を貼っておくのもいいですが、視覚的な画像のほうがいいです。

スポンサードサーチ

短期目標は結果を数字でチェック

当然ですが、1か月でも3か月でもいいので期間を定めて数字で測定しましょう。

簡単なのは体重計ですが、体脂肪率の測定でも問題ないと感じます。


タニタ 体重 体組成計 日本製 BC-705N WH 自動認識機能付き/測定者をピタリと当てる

運動メニューは有酸素運動と無酸素運動を組み合わせましょう。

筋トレで代謝を上げておいて、有酸素運動をするのがおすすめです。

筋トレをして疲れて休んでしまうと、せっかく代謝を上げて

温まった状態の体を休めてしまってはもったいないです。

すぐにジョギングに向かうようにしましょう。

とはいっても時間がない人は、筋トレ+ジョギングで時間がなくなります。

場所も時間も選ばずにトレーニングできるエアロバイクがおすすめです。

私もエアロバイクでダイエットをしていました。

エアロバイクはジョギングと比較して体への負担が少ないです。

正確には足首への負担が小さくなります。

購入を検討されているならコンパクトに収納できるものがいいと思います。

いろいろ探してみましょう。


ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417 折りたたみ機能付き

もし、自分に適したダイエット方法が見つからない場合はこちらも試しましょう

短期目標を数字で結果を確かめた時に、

ダイエット効果が得られなかった場合は短期目標を変更しましょう。

食事制限や運動の量を変更します。

今ではアプリで管理できる部分も多いので便利です。

便利なツールはフルで使っていきましょう。


ウサコのダイエット記録

アファメーションを設定しましょう

ダイエットを始めたばかりの頃は、憧れの俳優さん(女優)を目指したり、

健康になりたいといった気持が強いので、さぼることも少ないと思いますが

1か月後くらいに怠け心といったものが出てき始めます。

1日くらいやらないくてもいいといった考えが失敗の原因となります。

ダイエットに強い意欲を持っていても失敗してしまう人はこの誘惑に負けます。

人間は一度怠けてしまと、次に始める時に大きなエネルギーを使います。

学生が夏休みで遊んでいたときに学校に行くのが辛い原理と同じです。

時間がない場合でも、筋トレだけでもやるようにしましょう。

いつものメニューの3分の1でもいいです、5分でもいいのでやりましょう。

やらないといった選択をしないようにすることがやる気の維持で重要です。

スポンサードサーチ

長期目標を支えるアファメーションについて紹介します。

アファメーションは長期目標を支える起爆剤となるものです。

例えばこんな感じです

【私は今日運動をすることで体重が減り、心が穏やかになり達成感を得る】

こんな文章を唱えるのです。

アファメーションは今日やることで、こんな効果が得られますよ。

といったものです。今日やればこれだけお得。みたいな感じですね。

今日やるからこそ意味がるんです。といったニュアンスのアファメーションを

考えて唱えるようにしましょう。

後回しにすると損だと考えると人間は行動します。

今日やることで意味があるということを脳に伝えましょう。

スポンサードサーチ

運動後のセルフイメージ強化は大事

アファメーションは起爆剤ですが、セルフイメージはご褒美のようなものです。

アファメーションのように何かを唱える必要はありませんが、

自分の頭の中で成長した自分を思い浮かべるようにしてください。

私は今日、行動したことによって成果を出した。と暗示をかけます。

アファメーションで行動を開始するのですが、セルフイメージでは

今日、行動した結果として成果が出ました。ということを脳に言い聞かせます。

ダイエットですぐに成果を出すことは難しいです。

成果がでないといったことがやる気を低下させることがあります。

やる気を維持するためにも、自分が少しずつ痩せていくイメージを

頭の中で繰り返しましょう。

セルフイメージは達成感を得るとともにやる気を充電してくれます。

スポンサードサーチ

もし、どうしても間食がしたいなら

ダイエットの最中にリバウンドの原因ともなるストレスですが、

ストレスには上手に対処する必要があります。

リバウンドして逆に太ってしまう可能性があるからです。

普段から間食が癖になっている人は急に間食をなくすことで

ストレスが倍増してしまいます。

間食するおやつを工夫することで痩せるとはいいませんが、

太ることを防止することができます。

しかし、運動をした後はたくさん食べることが多くなるので、

おやつは最小限にすべきです。

間食で食べるものを工夫する方法としては

糖質制限のおやつを食べるようにすることです。

アイスでも糖質制限とうたわれているものが多くでています。

詳しくはこちらで紹介しています。

【ストレス対策】ダイエット中に食べるおやつ

おやつに限らずに糖質制限はダイエットに有効だと考えています。

私の周りでもダイエットに成功した人は糖質制限をした人でした。

糖質を制限する方法で運動しなくても痩せた。といった人が多いです。

成功率も高いようなので、糖質制限をしながらちょこっと運動を

取り入れていくのを続けていくのが効果的かなと感じています。

【ストレス対策】ダイエット中に食べるおやつ

こんにちは

こんな方に向けての記事です。

・我慢してダイエットしたのに、反動でたくさん食べてリバウンドした

・ダイエット中で食べれないストレスでストレス太り

ダイエットは2つの要素から攻めないといけません。

運動

食事制限

今回は食事制限の中でどうしてもおやつが食べたという人におすすめな内容です。

スポンサードサーチ

ダイエット中は食べたいものが食べられないということで、

ストレスが溜まってしまいますね。ストレスの反動で過食になり、

ストレス太りという言葉もあるので要注意です。

なんでも我慢のしすぎは良くないので、糖質制限のおやつを食べるようにしましょう。

・シャトレーゼに糖質制限のアイスがあります。

ダイエット中にアイスを食べてもいいなんて夢のような話ですが、

シャトレーゼやSUNAOといったメーカーが糖質制限のアイスを出しています。

我慢できないならこれを買っておやつ代わりにしてください。

・ベビーチーズ

チーズもダイエット中に食べるおやつとして代用されています。

お腹が空いたときはチーズを食べる手もあります。

ストレス解消にチーズを食べましょう。

スポンサードサーチ

・バナナ

バナナは腹持ちがいいというだけでなく、低カロリーで

栄養が豊富なので、ダイエット中でも食べてOKです。

少し前にバナナダイエットなんていうのも流行りました。

ご飯を食べる前にバナナを食べておくと、

お腹が満たされるので、ご飯を食べる量を減らすことができます。

ダイエットは慣れるまで厳しいですが、

おやつも低カロリーのものを上手に選んでストレス対処してください。

脂肪燃焼系ランニングでダイエットするコツ

今回の記事はダイエットネタです。

私は、プチ断食、一日一食、あとは、自転車でダイエットに成功した経験がありますが、自転車で痩せた経験からランニングで脂肪燃焼させるダイエット方法を紹介したいと思います。

こんな方におすすめです。

・ランニングで痩せる効果が薄いので効果的なダイエット方法を知りたい

・長いスパンではなく短いスパンで痩せたい

ダイエットで運動をしようと考えると出てくるのが、

ランニング、ジョギングですが、痩せられない人も多いです。

心拍数を高めた状態で30分以上走ってから脂肪が燃焼し始めます。

30分走るのはなかなか厳しいと思います。

私もランニングをしていましたが25分くらいが限界でした。

スポンサードサーチ

そこで、考えたのは

ランニングをする前に軽く筋トレをしておく

筋トレは基礎代謝を高めてくれます。

ランニングする前に足を鍛えるトレーニングを行いましょう。

これを脂肪燃焼系ランニングと呼んでいます。

・ブルガリアンスクワット(片足スクワット

・ワイドスクワット←こちらの方がおすすめ

私はブルガリアンスクワットをやっていましたが、

ワイドスクワットの方に切り替えました。

ワイドスクワットのほうが体への負担が小さいのでおすすめです。

ヒップアップトレーニングも行うといいです。

筋トレでどの部分を鍛えればいいか?ですが、

脂肪がたくさんついている場所を鍛えるようにしましょう。

そして、筋トレが終わったら、ランニングしましょう。

基礎代謝が上がった状態で、体がホットになっている間に

すぐにランニングに出かけます。

ここで、「あー、疲れたから少し休む・・。」だと効果が薄いです。

筋トレで体を疲れさせて、基礎代謝を上げたらすぐに出かけましょう。

ランニングで痩せることができない人は試してください。