身内がゲーム依存症になってしまったら気を付けること

ゲーム依存症、スマホ依存症なんて言葉が最近では聞かれますが、

自分の子供や家族がそうなってしまった場合はそうすればいいでしょうか?

スポンサードサーチ

身内がゲーム依存症になってしまって日常生活に支障が出ているのでなんとかしたい。

ちょっと他のサイトから引用してきましたが、

 

こちらから引用

ゲーム依存症の5つの症状|依存症になる前から苦しい当事者へ処方箋

臨床的特徴

①ゲームのコントロールができない

②他の生活上の関心ごとや日常生活よりゲームを選ぶほどゲームを優先する

③問題が起きているがゲームを続ける、またはより多くゲームをする

重症度

④ゲーム行動のためにひどく悩んでいる。または個人の家族の社会における学業上または職業上の機能が十分に果たせない

仕事や学校に行かないで、となら問題となりますが、

家でずっとなら依存度は低いと考えられます。

いろいろネットを調べてみましたが、

医学的な観点から治療するなんて言葉もでてきますが、

ゲーム依存症の人間を病気だという言い方はいざこざの原因となりそうです。

実はこのゲーム依存症はお隣の韓国では死人がでるほどの問題にまで発展しています。

韓国ではゲーム依存症の人を更生させる方法として、自然環境の中でキャンプをする。

といった方法がとられているようです。

しかし、キャンプに連れていくまでが困難だと感じます。

私も高校時代にオンラインゲーム依存症のような症状になったことがありますが、

旅行に行こうなんて言われても、絶対に行きたくありませんし、

オンラインゲームの世界が自分の居場所であり、その居場所を壊す

存在なんて認識になったことさえあります。

とはいえ、高校に行かなくなったというほど依存度は高くありませんでしたが、

1日12時間以上はオンラインゲームにのめりこんだことがありました。

自分の経験からオンラインゲームから抜け出す方法があります。

1.やっているゲームのオンラインサービスが終了する

2.ほかのオンラインゲームに移動させ、ハマる前にアウトドアの趣味へ移す

他のオンラインゲームに移動させるといった手段が現実的です。

その第一段階として、説得する人も同じ立場でゲームに興味を持つ必要があります。

同じオンラインゲームをやっている、もしくは興味がある人間の話は、

仲間意識なのか説得力があります。これは私も経験しました。

同じオンライン空間に住んでいる人ってだけで話に説得力がでてくるんです。

幸いにも、オンラインゲームの中の仲間が、私が受験期だということを

少し話をしたら、ゲームよりも受験を優先しなさい。って言葉をもらいました。

現実世界の人間から言われたならカッとなっていたでしょう。

しかし、同じオンライン空間で生活した仲間の話は説得力があると感じました。

医学的な観点から見ると、治療なんて言葉が出てきますが、

実際に経験した私からいわせれば、

一度、ゲーム依存症になっている人の仲間になって話をすれば、

聞き入れてくれることもあります。

仲間意識を利用して説得する方法が有効ではないかと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA