時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

勉強

英単語を効率良く吸収する語原学習のコツ

投稿日:

こんにちは

今日は私が趣味でやってる英語学習について紹介します。

私は単語がなかなか覚えられなくて、英語は苦手でした。

脳の記憶容量は人によって決められていると感じることがあり、

ある一定の量はスラスラ覚えられるんですが、覚えられない単語というのは

似通った英単語です。接頭辞が違うだけの単語だとさっぱりですね。

例えばこんな単語

・observe

・reserve

・conserve

・preserve

・deserve

覚えるのに本当に苦労しました。似すぎていて覚えられない。

これらを覚えるのには苦労しましたが、調べていみるうちに簡単に覚えられる勉強法を見つけることができたのです。

それは語原学習とよばれています。

英単語は接頭辞でイメージをとらえる

英単語の先頭の文字の意味を覚えることで英単語をスムーズに吸収できます。

覚えるという感覚ではなく、頭の中に自然に吸い込まれていく感覚です。

先頭の接頭辞がその単語の性質を決めています。

基本単語さえ暗記することができれば、あとは接頭辞によってどんな

イメージが出来上がるかをトレーニングするだけです。

語原学習を活用すればひとつの単語で複数の単語を覚えることができます。

芋づる式という言葉がありますが、まさにその通りで、

ひとつの単語を暗記すれば、それを起点にして、

接頭辞の変化によってどんな意味に変わるのかを知ることができます。

【似通った英単語を覚えられない】から【似通った単語を推測できる】に変わります

語原学習のメリットは他にもあります。

初めて出会った英単語のイメージを推測することができる

基本単語を知っている前提の話ですが、難しい英語の試験では、稀に難しい英単語に出会います。

基本単語さえ知っていれば、それらしいイメージを付けることができます。

学習段階だけでなく、試験の本番でも効果を発揮するのが語原学習なのです。

 

簡単な語原学習の練習問題です。試しにどうぞ。↓

http://gogendemanabu.kininarujyouhou.com/

-勉強
-

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.