業務で活かす!プログラミング上達のコツ

小学校でプログラミングが必修科目になるということで、

プログラミング、プログラミングスクールというのが話題になっています。

私は業務でエクセル上で動かすVBAというものを使っています。

数か月間独学で学習しましたが、興味のある人向けに魅力を伝えていきます。

この記事はこんな方向けになっています。

・プログラミングで何ができるか知りたい

・業務で何の役に立つのか知りたい

・プログラミング上達方法について知りたい

まずは、プログラミングで何ができるのか。ですが、

自分が学んだ言語のプログラムを組むことができます。

仕事での業務自動化といったことが主な目的です。

私は会社に入社した当時、発注や生産計画、メンテナンスチェック表等、

多くの仕事が流れ込んできました。

スポンサードサーチ

仕事を教えてもらった時に、電卓で発注数を計算するなんて環境でして・・。

仕事の量が多くて潰されそうになったことがあります。

ハードな肉体労働の後に現場作業が終わってから、

事務仕事を始めると眠くなってしまいませんか?

そんな日々を卒業するためにもプログラミングで業務自動化しました。

まずは、こんなプログラムを作ってみた

・発注の納品数を自動で入力してくれるマクロを作れた。

棚卸と生産計画は決める必要がありますが、原料や包材といったものを自動で

納品数を決めることができるようになります。

100種類以上管理しているので、大きな時間短縮となりました。

・自動で定期点検のチェック表、記録表を印刷してくれる

ボタンひとつで、毎月のチェック表や記録表を必要枚数印刷してくれます。

印刷し忘れてしまったといったこともなくなり、便利になりました。

どうしたらプログラミングをマスターできるか?

最初は基本書を購入することをおすすめします。

目指す目標は意味が理解できていないけど、コードが組めるといった状況を

作ることが大切だと思っています。

私はプログラミング学習を始めたときには、専門書を読んでいましたが、

すぐに忘れてしまうし、理解するのに時間がかかったので、挫折を経験しています。

こちらの書籍は問題演習がメインとなっているのでおすすめです。

実際に手でコードを組みながら学習するようにしましょう。

新・解きながら学ぶC言語

新品価格
¥2,160から
(2019/3/7 22:38時点)

理解は後からついてくるといった考え方でも大丈夫ですが、

手でコードを覚えながら、理解もしていくといいです。

同じ著者の参考書がありますので、並行して読みましょう。

気を付けることは、基本の問題演習をメインに行うことです。


新・解きながら学ぶC言語

新品価格
¥2,160から
(2019/3/7 22:41時点)

少し難しいと感じたらこちらでも、いいです。

書店で立ち読みをしてみるといいですよ。

スッキリわかるC言語入門

新品価格
¥2,916から
(2019/3/7 22:41時点)

プログラミングスクールに通うといった方法もあります。

私は独学でプログラミングを学習しましたが、

プログラミングが上手く動かないといった経験をすることがあります。

問題を解決するのに要する時間が多く、もちろんそれを自分の経験になるのですが、

多くの時間がムダになってしまうことがあります。

時間を有効に使いたいと考えているならスクールに通うのも手です。

テックキャンプ

プログラミングスクールの利点は上達が早いということです。

↑で紹介したスクールですが、教室型のスクールになっています。

オンラインスクールというのもあるのですが、オンラインスクールのほうが

自宅学習できるといったメリットがあります。

しかし、私は教室型の学習を勧めています。

その理由として

・ほかの学習者から刺激を受けることができる

・オンラインよりも遊びの誘惑が少なく、集中できる

・教室型でプログラミングの仲間を作れる

こういった理由で教室型のプログラミングスクールをおすすめしています。

プログラミングは挫折することが多く、特に自宅であれば遊びの誘惑というのもあります。

教室型であれば学習するだけの目的で通えるので確実に身に付きます。

仲間を作るといったことも大事な要素です。

プログラムを組むときに、コードの組み方は人それぞれで

様々なパターンが存在します。

他の人のコードを見ることも重要なので、教室のような場所で

他の学習者と交流を持つことは上達に必要な要素となります。

教室で基礎を学びながら、実際アプリであったり、ウェブサービスを

作っていくようになります。

スポンサードサーチ

基礎であれば、独学で可能ですが、本格的なアプリ、ウェブサービスであれば

スクールでがっちり学んだ方がいいと感じます。

知識というのは基本書のようなもので身に付けることができるのですが

実際での開発経験というのは、自分で何かを作ることで磨かれていきます。

そこには多くの挫折というものがあるので、スクールに通うのがいいです。

オンラインで学習する方法としてマンツーマン学習や、

動画を見て学ぶといった方法があります。

動画で学ぶ方法のほうが安い傾向があります。

↓のサイトではコースを購入するといった方法で受講料金を抑えれます。

ユーザーからの評価システムもあります。

Udemy

無料な学習サイトであれば、

プロゲートやPAIZA、ドットインストールといったものもあります。

この3つは無料なので、まずはこれらのものを使ってみるといいでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA