日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

山歩き 日常生活

今流行り!?車中泊について紹介します

更新日:

車中泊という言葉をご存知でしょうか。

車の中に泊まるといったことなんですが、

私がなぜ、車中泊に興味があるかといいますと、

職場の定年間際の先輩が車中泊について語っていたからです。

旅行で車の中で泊まれば安く済む。

これがメリットです。

内容はこんな方におすすめです。

・旅行に行きたいけど、宿代を安くしたい方

・車中泊を始めたいけど、どんな道具が必要か知りたい方

・快適な車中泊を軽自動車で可能か知りたい方

宿代が浮くということはいうまでもなく、サービスエリアや道の駅で

停車させて泊まるといった方法があります。

スポンサードサーチ

登山、山登りの前日に車中泊するといった方法もあります。

旅行目的の人もいれば、アウトドア要素を楽しみたいために、

自然の中で眠るといったことでリラックスした空間を味わえます。

車の中とはいえ、寝ている間はエンジンをつけっぱなしというわけには

いかないので、寝袋、シュラフにくるまって寝ます。

LICLI 寝袋 冬用 -10度 コンパクト 軽量 封筒型 シュラフ 1.8kg フード付き 220cm 収納袋付き 8カラー 最低使用温度 -10度 (ブルー)新品価格
¥2,980から
(2019/3/9 22:34時点

起きるときに、日差しが眩しくて早く目が覚めてしまうこともあります。

外から除かれるのも嫌だと思うので、カーテン、サンシェードを用意しましょう。

寝ている間は、不安になると思うのでしっかりカーテンを引きましょう。

ボンフォーム 車用 シャットカーテン ブラック ミニバンリヤ5枚セット 車中泊に最適 普通車用 7901-04BK新品価格
¥3,550から
(2019/3/9 22:37時点)

スズキの車で車中泊ラインナップなんてものがあります。

節約の時代になってきたのか、それとも社内スペースが広い車が

多く出てきたからなのかは分かりませんが、車中泊ブームのようです。

私はホンダのN-BOXやダイハツのウェイクなんかもおすすめです。

軽自動車でも車中泊ができるのはすごい時代になりましたね。

車内空間を売りにしている軽自動車がでてきたので、

車内が生活空間といったイメージもでてきました。

そして、バッテリーを購入することで車内で調理をしたりゲームすることもできるようです。

Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源) 【PSE認証済 / 静音インバーター / USB & AC & DC出力対応 / PowerIQ搭載】 キャンプ、緊急・災害時バックアップ用電源新品価格
¥48,000から
(2019/3/9 22:44時点)

バッテリーが高価であれば、エンジンを使って電気を供給する方法があります。

インバーターを使うことで、エンジンを使って電気を使えます。

長時間使わないのであれば、インバーターで十分だと感じます。

BESTEK カーインバーター 300W シガーソケット 車載充電器 USB 2ポート ACコンセント 2口 DC12VをAC100Vに変換 MRI3010BU-E04(バッテリー接続コードなし)新品価格
¥2,980から
(2019/3/9 22:45時点)

以上で、車中泊についての記事でした。

少し前まで、車の中に泊まるのは変なイメージでしたが、

今ではメジャーになってきました。

ビジネスホテルに泊まるのでも8000円くらいしますので、

宿代が浮くというのは大きなメリットではないでしょうか。

あとは、アウトドア要素が大きいと思います。

自然の中で寝泊まりするのはまた違った感覚が得られます。

-山歩き, 日常生活
-, , ,

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.