日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

リラックス

ペットの癒し効果でストレスを解消するコツ

更新日:

ペットが癒しの効果を与えることがあるようです。

ペットが及ぼす心理的効果

https://www.u-bunkyo.ac.jp/center/library/image/kyukiyo5_85-93.pdf

ペットをすでに飼っている人も実感があるかもしれませんが、

犬や猫のようなペットは人を癒す力をもっています。

【ペットを飼えない状況にある飼育の経験がない方向けの記事です】

▼目次

  • ペットが及ぼす癒し効果
  • 接触することで心を癒す
  • アロマセラピー
  • 飼えない人はどうすれば!?

ペットが及ぼす癒し効果

普段からペットに触れ合っている人も気になると思います。

動物が与える効果がこちら

  • 自尊心のアップ
  • 自制心を保つ
  • 自主性を上げる
  • 疎外感、孤独感の低減
  • 活動意欲を上げる
  • 自己存在価値の高揚

効果が多いように感じますが、まとめると癒し効果です。

精神的な癒しを求めている人はペットと触れ合う機会を増やしましょう。

論文によると、男性よりも女性のほうが癒し効果が強いようです。

猫や犬等のペットは言葉を話せないので、人間を批判します。

誰でもほぼ平等に触れ合ってくれるので、辛さ寂しさを回避するのに大事な要素です。

接触することで心を癒す

子供の頃はボディタッチで触れ合うことも多かったと思いますが

大人になるにつれて、人との身体的な接触は少なくなっていきます。

体育会系の職場であれば、肩を叩いたりするかもしれませんが。

人間には接触欲求というものがあるようです。

他の生き物と接触する欲求ですね。

大人になると人との接触も少なくなってきます。

犬や猫の動物を飼っていれば、近付いてきて接触欲求を満たしてくれます。

アニマルセラピー

動物が人間のコミュニケーション障害を治療するといったことも書かれています。

アニマルセラピーの実験については、孤独な高齢者の方を対象にして結果がでています。

  • 孤独感がなくなる
  • 安心感が生まれる
  • 失望感の低減
  • 幸福感のアップ
  • 鬱の低減

ペットは孤独を感じる人に家族の一員だと思わせる効果があり、

孤独感をなくすことができます。

不登校状態の学生が、アニマルセラピーで改善されたという話もあります。

好意的な動物である犬とのふれあいを増やして、

家族の一員、仲間といった認識になったところで、

犬と一緒に学校の面談に行く習慣が不登校を克服したという内容です。

また、犬や猫が近付いてきたり、癒されたりすると人間は笑顔になります。

実は笑顔は人間の体の免疫力を高めてくれる効果があります。


飼えない人はどうすれば!?

ここからが本題です。

買えない人はどうすればいいか?ですが、

動物と触れ合える場所がいくつかあります。

  • 体感型動物園
  • 動物公園
  • 猫カフェ
  • 牧場

ペットを飼うとお金がかかるという理由やアパート、マンションであれば、

禁止しているところが多いので、こういったところに出向きましょう。


-リラックス
-, , ,

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.