日常生活で気になる情報を見つけては発信していくブログ

山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記

日常生活

お金をかけない快眠のための習慣作りとコツ

更新日:

日常的に不眠になっている人はいませんか?

今回の記事は睡眠についての内容となります。

良質な睡眠のための環境づくり

https://ci.nii.ac.jp/naid/110004820303

こんな方におすすめです。

【寝相が悪い】

【起きるのが辛い】

【すぐに眠れない】

良い睡眠を得るために必要なことをお金をかけないものだけ紹介します。

睡眠の因子は様々です。

  • ストレス
  • 寒暑感
  • 騒音
  • 明るさ

ストレスが睡眠を妨げる

日常的に溜まっているストレスは、興奮する状態にしてしまいます。

寝付けない時には、交感神経が優位に働き、副交感神経が抑制されてしまいます。

ストレスが溜まると、眠るために必要なものが働かなくなるのです。

ストレスは受け手によって、良いストレス、悪いストレスへと変わります。

精神論はストレスに耐性を付けることができるのか?

外からのストレスから守るための防御反応によって、免疫をつけます。

その人の考え方によって、ストレスは変化するのです。

精神論的な考え方ですが、論文で発見しました。

スポンサードサーチ

寒暑感

寒かったり、暑かったりすると寝つきが悪くなります。

寝ている時は、不快感がないと思って、エアコンを付けないでいると、

寝ている間に、睡眠の質を落としているかもしれません。

寝る前に寒い、暑いと感じたらエアコンで室内の温度を調整しましょう。

騒音

私は集団生活をしていた時に、いびきがうるさくて眠れなかった思い出がありますが、

音も睡眠を妨害してしまいます。

自分のいびきの音で起きてしまう人もいるようです。

耳詮をして対処しましょう。

道路に近い家だと、車の音が睡眠の質を落としてしまいます。

問題なく寝れると思っていても耳詮をしてみると朝起きる時に

すっきり起きることができるからもしれません。

明るさ

寝る前にテレビ、スマホを見ていると、すぐに眠ることができません。

消灯してから30分から1時間は暗い状態かにしておく必要があります。

論文には自然風景映像を見せることで、心拍数が減少し、眠りやすくなります。

寝る前に自然風景を見ることで、眠りを誘ってくれる効果があるようです。


-日常生活

Copyright© 山歩き男が日常生活で感じたことを書く雑記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.