時にはリラックスしながら、挫折しても立ち上がり習慣を身に付けるまでの道筋

やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー

日常生活

【習い事で効果を出す方法】子供の習い事で気を付けたいこと

更新日:

私は子供の頃に習いごろと多くやっていたのですが、

自分が経験した立場から習い事で気を付けたほうがいいことを紹介します。

この記事はこんな方におすすめです。

・子供に何の習い事をさせればいいか分からない

・子供のやる気を向上させたい

私が経験した習い事ですが、スイミングスクール、空手、野球、くもん塾、

習字、学習塾。です。小学校の頃から遊ぶ暇もなかった記憶があります。

これらの習い事について紹介していきたいと思います。

スポンサードサーチ

スイミングスクール

私はコパンスポーツクラブのスイミングスクールに通っていました。

友人に誘われて始めたんですが、私はまったく興味がなかったので、

受け身状態で通っていた記憶があります。

私は泳ぐのが怖くて怖くて、恐怖感でいっぱいだったんですが、

泳ぐときに補助してもらえるので、実際に泳ぐときに怖いという感覚は

ありませんでした。泳ぐ方法を教えてもらって、すぐに実践で泳ぐんですが、

フォームも直してくれるので、私は泳ぎ方の説明を全く聞かなくても

しっかり泳げるようになります。

習い事で重要なことは本人のやる気なんですが、

私はスイミングスクールに関しては受け身でした。

級を上げる気もなかったんですが、親に言われて級を上げていきました。

背泳ぎまで覚えたのですが、そこで辞めることを決意しました。

スイミングスクールは学校で水泳があるなら、ある程度できるように

しておいたほうがいいと思います。クロールできればOKです。

泳げないと、学校でいじられることも多くなるので。

スポンサードサーチ

空手

私は空手も3年くらいやっていました。空手は自分から親にお願いしました。

「空手をやりたい」

当時、空手をやりたかった理由は、私が通っていた小学校でブームだったからです。

私が空手をやりたい理由は「みんなやっているから」でした。

【みんなやってるから】といった理由で始めた習い事は受け身となります。

受け身の習い事が悪いといったことではありませんが、自分から向上する意欲はありません。

私はずっと最初の白帯のままでした。周りと協調したいだけで、

空手を本気で学びたい。とか、そういった気持がなかったからですね。

協調のための習い事は周りの人が辞めてしまうと連鎖的に辞めていきます。

向上心もないので、貴重な成長するといった感覚も得られません。

しかし、体を動かすといった面では有効なので、ムダではないと感じます。

人に手を出してはいけない。弱い者を守る。といったことを学びます。

私は、周りになめられないように。喧嘩で負けないように。といった理由も

あったのですが、これを聞いたときにがっくりしました。

社会のマナーや道徳的なことを学ぶことができるメリットがあります。

子供は、「そんなことも分からないの?」と感じることがありますが、

教育をしていないと、本当にそうなります。

空手は道徳的な意味で良い習い事だったと感じています。

スポンサードサーチ

野球

私は少年野球、中学では野球部でした。

野球は友人に誘われて受け身での習い事だったんですが、

途中から自主的に変わりました。

私の中でも驚いたんですが、これほどまでにやる気がでる。といったことが

あるのか。と感じたことは今でも覚えています。

特に男であれば、競争するといった意識が出てくると努力したり、

やる気がでてくる。といったことがあります。

少年野球はみんなでワイワイやっていたんですが、

中学の部活動となるとレギュラー争いといったものがでてきます。

少年野球時代のようなみんなが楽しめるといった雰囲気ではなくなるのです。

そこから私の自主的な向上心というものが湧き出てきました。

習い事は自分がやりたいと感じるものをやらせるのが一番ですが、

ある出来事がきっかけとなると、自主的に変わることもあります。

すぐに辞めてしまうと損というのはこのことなんですね。

楽しみを味わう前に辞めてしまう。といった人が多くいます。

習い事はある程度の期間続けないと、本質は見えてこないんですね。

スポンサードサーチ

くもん塾

くもん塾は親に強制的に行かされました。

受け身での習い事でしたが、くもんに行くのは面倒で嫌でした。

しかし、結果的におすすめできるのはくもん塾です。

難しいことをやらないので、効果が薄いといった考えを持つ人がいますが、

確実に脳トレになります。私はくもん塾に通っていたせいか、

小学校の計算問題を解くのがクラスで一番早かったという結果を残しました。

くもん式で学力が上がるか?というと疑問ですが、

頭の回転が速くなるので、仕事を始めてから効果がでてくると感じています。

くもん式は問題が簡単で飽きやすいです。子供時代であれば、見たいテレビもあり、

遊びたい心が大きいので、続けることが困難になります。

私はくもん塾にマンガが置いてある休憩室が設置されていたので、

それをメインの目的として通っていた記憶があります。

子供が塾を嫌がる場合は、塾の帰りに報酬を与えるような仕組みを作っていくと

「しょうがないから行くか」といった考えになります。

くもん塾は自分の課題が終われば帰れるので、早く終わらせようとします。

それが頭の回転を速くする仕組みになっているんですが、

教室授業のように時間が拘束されるのではなく、

スピードによって速く解放されることで向上心がでてきます

スポンサードサーチ

習字

私は字が下手だったので習字を習い始めた時があります。

結局上手く書くことはできなかったんですが。

これはすぐに辞めてしまいました。

期間も短かったので、詳しいコメントはできませんが、

学校で習字という教科があったのでムダではなかったと感じます。

学習塾

学習塾は中学校から通い始めました。

学習塾は親からの強制的な指令だったので、嫌々通ったんですが、

身に付くこともなかったです。

勉強は中学から苦手になりました。塾に行っても理解ができない。といった状況です。

しかし、単語テストが毎回あるので、暗記する習慣が身に付きます。

学習塾はムダではないと思いますが、効果が薄い場合もあります。

私は効果が薄かったとは感じています。

嫌だけど通っていたといった感じです。

スポンサードサーチ

成績によってクラスが分けれるんですが、

私はずっと一番下のクラスでした。

【結局重要なポイントはどこか?】

私が感じる習い事のポイントは以下の通りです

・学校で教科としてある習い事はやるべき

・「みんなやっているから」という理由では受け身になる。仲間意識ではなく本当にやりたい習い事をやらせるのが効果が大きい。

・やはり続けることが大事。習い事の帰りに報酬効果を付けて継続させてみるのも手

今ですと、子供のプログラミング教育は絶対にやっておくべきだと感じます。

プログラミングは仕事でも役立ちます。

ご家庭でのプログラミング学習に、レゴのロボット教材を。

以上となります。子供の習い事は将来大きく関わってきます。

子供のうちに経験したおいたほうがいいこととして、

できない。と感じたことができた。といった体験です。

結局これが大事だと思います。

習い事で身に付けたスキルは子供のうちだと数年後には忘れてしまうことがあります。

私の妹は子供の頃から英語を学んで話していましたが、

今ではさっぱり覚えていません。

しかし、できない。とかができるようになった。といった経験は

ずっと残ります。継続すれば、改善すれば。できる。といった思考を

子供のうちに経験させておくことが大事だと感じています。

-日常生活
-, , , , , , ,

Copyright© やる気とモチベーションは強固な習慣を作るー自分観察ラボー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.